糖尿病 原因

糖尿病の原因とその種類

糖尿病と言えば生活習慣病に含まれる病気というイメージがあります。

実際、日本では肥満・糖分の摂り過ぎ・運動不足など、生活習慣が 原因で発症する糖尿病が糖尿病の発症原因として最も多いのは確かで、厚生労働省のWebサイトの生活習慣病とはどのような病気があるのかを紹介しているページ内でも糖尿病が取り上げられています。

しかし、糖尿病患者の皆さんが全員同じ発症原因で糖尿病を発症するわけではありません。

これも厚生労働省の糖尿病について解説しているページで紹介されていますが、この場をお借りして、糖尿病とはどのような種類があるのか、どのようにして糖尿病を発症するのか、糖尿病の種類とその原因について詳しくご説明したいと思います。

まずは1型糖尿病についてお話します。

その前に糖尿病とはどのような病気なのかを一言でお話すると、血糖値が高くなる病気という事になります。

この、血糖値をコントロールするのがインスリンというホルモンで、膵臓という臓器から分泌されます。

このインスリンが作りだすのが膵臓の中にあるベータ細胞という細胞で、その細胞が自己免疫反応によって壊される事によってインスリンの分泌量が減り、発症するのが1型糖尿病です。

何故自分の身体を守る免疫系がそのような事をしてしまうのか、その原因ははっきりしません。

遺伝やウイルスなど諸説ありますが、現段階では仮設の域を出ません。

子ども時代に発症する事が多いのが特徴で、以前は「小児糖尿病」あるいは「インスリン依存型糖尿病」と呼ばれていたのがこの1型糖尿病なのです。

そして、日本の糖尿病の患者さんのおよそ95%がこのタイプの糖尿病だと言われているのが、2型糖尿病です。

2型糖尿病とは、インスリンの分泌不足やインスリン自体は充分あるにもかかわらず、インスリンが上手く作用しない事が原因で起こる糖尿病です。「生活習慣病」として紹介されているのがこの2型糖尿病で、その原因として、遺伝的な体質によるものや年齢(中高年に特に患者さんが多い)、そして過食や運動不足、そしてそのような生活習慣によって結果的に肥満になる事があげられます。

生活習慣だけが糖尿病の原因ではない事はここまで読んで下さればご理解下さるかと思われますが、女性の場合は妊娠する事が原因になって糖尿病になる事もあります。それが妊娠糖尿病です。

何故妊娠する事によって糖尿病を発症するのか、残念ながらこれもその原因についてははっきりとはわかっていません。仮説としては、糖尿病を発症しやすい遺伝的な体質や肥満(これらについては2型糖尿病と考え方は同じだと考えて下さって差し支えありません)、妊娠する事によって分泌されるホルモンが変化する事によるものがあります。

それ以外にはインスリンを分泌する膵臓の病気にかかる事で起こるものや感染症、肝臓の病気や遺伝子の異常が原因になって糖尿病を発症する事もありますし、薬が原因で糖尿病を発症するケースもあると言います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク