糖尿病の予防法と治療法

糖尿病と運動

糖尿病になってしまった方、それからそれを予防したい方は、食事を気にしなくてはいけない事は、良く知られていることと思います。それ以外に、糖尿病の治療や予防に効果的なのが、運動です。

これも良く知られているかもしれません。運動をすると、取りすぎたブドウ糖を消費する事ができます。結果血糖値を下げることができるのです。

その運動をする際に気をつけたいことは、食後に運動をする事。しかも食事の30分後~1時間後に運動をする事が最も効果的です。それはなぜでしょうか?実は、食後の30分~1時間が一番血糖値が上がるんです。

食事の30分後~1時間後に運動をすれば、インスリンの働きを助ける事ができ、血糖値のコントロール簡単になります。

毎日食後の30分後~1時間後に30分間のウォーキングなどの、有酸素運動をすれば効果が期待できますので、頑張ってください。しかしこの食後の運動も。毎日行わなければ効果がありません。

運動をする事を、習慣づけましょう。

ウォーキングなどの、有酸素運動を毎日の習慣にすれば、体の中のいつの間にか付いてしまった内臓脂肪を減らす効果も同時に期待できます。内臓脂肪が付きすぎている方の、糖尿病発生率が高いというデータも出ていますので、一石二鳥と言うわけです。

ただし運動をする上で気をつけたいことがまだあります。糖尿病の治療中でインスリン注射など、のお世話になっている方は、運動によって血糖値が下がりすぎることがありますので、飴やチョコレートなどの、すぐに糖分を補給できるものを持っていってください。

糖尿病になってしまった方は、医者任せにするのではなく、自分で努力する事も、治療の一環です。

糖尿病の食事について

糖尿病の食事制限は、糖尿病になってしまった人にとっては、予防ではなく治療の域になってきます。

ですが、この食事制限も、予防医学は病気にならない健康な体を作る事ですが、病気にかかってしまった人を悪化させない事も、含まれています。

健康な人はインスリンと言うものをすい臓から、分泌して上がりすぎた血糖値をコントロールしているのですが、糖尿病の人は、すい臓から分泌されるインスリンの量が少なかったり、働きが弱かったりで、血糖値のコントロールがうまく出来ません。

食べすぎでブドウ糖が増加しすぎても、処理できずに血糖値が上がってしまうのです。

1日3食を規則正しく、しかもこちんとカロリー計算された食事制限が必要になってきます。

また海草やきのこなどの食物繊維をたくさん含んだ食材をなるべく取るようにしましょう。

食物繊維は、消化に時間がかかるので、血糖値の上昇をゆるやかにしてくれます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク