糖尿病 網膜症

糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症とは、目の奥にある網膜というところにある血管内部が糖尿病のために血流が悪くなる事によって起こる病気です。

初期にはほとんど症状が出て来ないのですが、治療をしないでほうっておくと、症状が進行して、失明の恐れもありますので注意が必要です。

糖尿病網膜症は、糖尿病腎症・神経症とともに糖尿病の3大合併症のひとつです。

また、現在日本での失明になってしまう原因の一位にもなっている病気です。

網膜は眼底にある薄い神経の膜で、なにかものを見るために重要な役割を果たしています。

網膜には神経細胞が敷きつめられ、それによって光や色を感じています。

そのため、目には無数の細かい血管が張り巡らされています。

血糖が高い状態が長く続くと、網膜の細い血管は少しずつダメージをを受けて、形が変わってしまったりつまったりしてしまうことがあります。

血管がつまると網膜のすみずみまで酸素が行き渡らなくなり網膜が酸欠状態になり、結果として新しい血管をつくり、それによって不足した酸素を補おうとするのです。

新しく作られた血管は古い血管よりももろく、簡単に出血を起こします。出血すると網膜に膜が張ってきて、これが原因で網膜剥離を起こすことがあります。このように網膜症が進行してくると視力が低下してきます。

自覚的に見えにくくなってきた頃には、網膜症はかなり進行してしまっている事が多く、治療が困難である事も少なくありません。

1度かなり悪くなってしまった網膜や網膜血管は、2度と元通りの状態に戻す事はできないのです。そのため、糖尿病と診断されたら定期的な診断を受けることが非常に重要です。

糖尿病網膜症の症状

糖尿病網膜症は、次のように進行してゆきます。順を追ってみましょう。

糖尿病網膜症は、まず、「単純網膜症」と呼ばれる状態になります。

網膜に毛細血管瘤などが出来た状態で、自覚症状はほとんどありません。

それが進行してゆくと、「増殖前網膜症」という状態になります。

糖尿病が進行する事によって毛細血管が閉塞すると、網膜に酸素が充分に行き届かなくなります。その結果、網膜の機能は低下します。

そして、網膜にある毛細血管が閉塞した状態が長くなると、新生血管が出来ます。

その新生血管は、正常な血管とは違ってもろいために破れやすいもので、そのもろい新生血管が網膜と硝子体の間や硝子体の中で破れて出血を起こし、急激に視力の低下を招く事になります。

さらに、網膜の前に出来た新生血管を支えるために血管線維膜と呼ばれる組織が出来、その組織が網膜を引っ張る事によって、網膜剥離を引き起こします。

この、網膜に新生血管が出来た状態を、「増殖後網膜症」と呼びます。

こうなると、もう、元の状態に戻す事は出来ません。

このように、糖尿病網膜病は、かなり進行しなければ視力を低下したりするような事はないのです。

それだけに、早期に発見・治療が何より必要なのです。

糖尿病網膜症になったら

では、糖尿病網膜病になった場合には、どうすればいいのでしょうか? 
その治療法についてお話しましょう。

糖尿病網膜症の中でも、単純網膜症の間であれば、血糖をコントロールする事によって、糖尿病網膜症は治る事があります。

あと、糖尿病の治療と並行して網膜循環改善薬を飲む事で、糖尿病網膜症を進行させないようにするという方法を取る事もあります。

単純網膜症が進んで、増殖前網膜症になると、血糖のコントロールとともに、血管が閉塞したところにレーザー光凝固を行います。

そうする事によって、新生血管が出来ないようにするのです。

増殖後網膜症まで進んでしまうと、レーザー光凝固を、網膜の黄斑部以外の全体に行います。

硝子体出血や網膜剥離が起こった場合は、硝子体手術を行います。

糖尿病網膜症の治療法

糖尿病網膜症はまだ病気が進んでいない軽度の頃には、眼科医が直接手を下すような治療は必要ありません。

しかし、糖尿病網膜症が進むに従ってさまざまな検査や、止血薬や血行改善薬、出血の吸収を助ける薬などを服用する必要があります。

また、網膜の状態によってはレーザーなどによる外科治療も行われます。

この糖尿病網膜症は早期の頃から適切な治療をすることが重要です。

そのため、覚症状の無い早い時期から定期検査 を受け、眼底に異常が出てきたら、 早期に適切な治療 を始め、きちんと 定期検査や治療を継続していくことが重要です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク