糖尿病と糖分

「糖尿病」という病名から「尿に糖分(ブドウ糖)が混じる病気」だとか、「糖尿病は甘いものの摂り過ぎで発症する」という誤解がありますが、それらは違います。

糖尿病とは、血液中の糖分(血糖値)が高くなる病気です。

もっとはっきり言うならば、血糖値が高くなる事によって身体に不都合な症状が現われる病気と言えるでしょう。

筆者は常々「糖尿病」と言うよりは「高血糖症」と言った方がわかりやすいのではないかと思っています。

確かに血糖値が高くなるとは、血液中にブドウ糖がたくさんあるという事ですが、それは糖分の摂り過ぎでそうなったわけではありません。

多過ぎる糖分は身体にとって毒になりますが、逆に少な過ぎても身体にとって害になります。それは、ブドウ糖が脳や筋肉を動かすために必要なエネルギー源だからです。

その、必要なエネルギー源であるブドウ糖が血中に余ってしまって血糖値が高くなる理由として、

ブドウ糖をエネルギー源として使う事と余ったブドウ糖を肝臓などに蓄えるという働き(糖代謝)が充分に出来ない状態になってしまっている事と、

ブドウ糖の濃度が高くなった時にそれを下げる働きをするインスリンというホルモンの分泌量が少ないという事があげられます。

さらに、ある意味身体を動かさずに済む快適な生活は、筋肉が痩せてしまう原因になります。ブドウ糖を使う筋肉が少なくなれば、その分、ブドウ糖が血中に余ってしまいます。

その原因は肥満です。

高カロリーな食事を摂り、身体を動かさない(運動をしない)生活を長年続けた結果、太ってしまった事こそ糖尿病の真の原因なのです。

つまり、甘いものの食べ過ぎが問題というよりは、高カロリーな食生活、そして、身体を動かさない生活習慣が問題なのだと言えるでしょう。

(ちなみに、摂取カロリーは高くても、その分、身体を動かしていて、摂取カロリーと消費カロリーのバランスが良い場合はその限りではありません。

そして、ここで言う「糖尿病」とは2型糖尿病の事です。1型糖尿病や妊娠糖尿病はまた発症原因が違います)

糖尿病の患者さんには糖分(甘いもの)は摂らない方が良い?

糖尿病とは糖分の摂り過ぎで発症する病気ではない事は前章でお話しました。

その次に頭に浮かぶ疑問とは、「それでは、糖尿病の患者さんは糖分を摂って大丈夫なの?」ではないでしょうか?

確かに、糖尿病の治療法の一つに、1日の摂取カロリーをその人の標準体重を維持出来るだけに抑えるという「食事療法」があります。

炭水化物は小腸でブドウ糖や果糖になりますので、最近では糖尿病の患者さんには低炭水化物食が奨励される事が多いように筆者には感じられます。

しかし、糖尿病の患者さんに摂って悪い食材はないという意見もあります。

結局は人によって食事療法の最良の方法が違うという事になるのではないかと筆者は考えています。

ただし、食べ物ではなくし好品になりますが、たばこは血管を収縮させ動脈硬化を促進させますので、厳禁です。

しかし、現実には、あまり摂取しない方が良いとされているものもあるにはあります。

それは、ケーキなどのおやつのたぐいです。

これを言うと、「やっぱり糖尿病の患者さんに甘いもの(糖分)はダメなんじゃないの」と思われそうですが、厳密に言えば、

ケーキに含まれる糖分がダメなのではありません。ケーキのカロリーが高過ぎるのが問題なのです。

実際にケーキを作ってみるとわかりますが、ケーキとは砂糖だけではなくてバターも大量に使いますので、はっきり言ってカロリーの塊です。

糖分が多いからと言うよりは、むしろホールではなくてショートケーキ一切れだけでも一日分の摂取カロリーの相当な量を占めてしまうので、

出来れば食べない方が良いとされている食品なのです。

どうしてもケーキが食べたいのであれば、ケーキを手作りして、甘みを砂糖ではなくてカロリーの低い、他の甘味料に変えるという方法もあります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク