糖尿病は食べ物に左右される?

日本人は糖尿病になりやすい? ~日本人の食べ物の歴史と糖尿病になりやすい遺伝的因子について~

糖尿病は「甘いものの食べ過ぎでなる病気」だとか、「ぜいたく病だ」とか言われていますが、それは誤りです。

糖尿病の原因とは糖尿病の種類によっても違って来ます。

糖尿病の種類の中には、妊娠が引き金になって糖尿病になる妊娠糖尿病なども含まれます。

それに、糖尿病だけではなくどの病気でも言える事ですが、かかりやすい人とかかりにくい人がいます。

その、「糖尿病になりやすいか否か」の中には遺伝的な問題も含まれると言われています。今回はそれを具体的にお話しましょう。

家族に糖尿病にかかっている人がいる場合は、やはり糖尿病にかかりやすい遺伝的な要因を持っていると言ってもいいでしょう。

それは糖尿病に限らず、どの病気にも言える事です。

それを言うと、「糖尿病にかかりやすい遺伝的な要因がある」と言えば「家族に糖尿病にかかった人がいるから自分も糖尿病になるのではないか」と考えがちです。

しかし、糖尿病とは遺伝病ではありませんので、両親や兄弟姉妹が糖尿病にかかったからと言って、自分も糖尿病にかかるとは限りません。

日本で一番患者さんが多い、生活習慣病としての糖尿病、つまり2型糖尿病の原因は長年の運動不足やストレスを発散しない生活、脂っこい食べ物をたくさん食べる食生活や飲酒や喫煙などの生活習慣によって肥満した結果である事が多いのです。

それを逆に言えば、長年運動もしないで好きな食べ物を好きなだけ食べても糖尿病にならない体質を持った人がいる可能性も否定出来ませんが、これはあくまでも想像の範疇を超える事はないでしょう。

蛇足ながら、2型糖尿病、つまり生活習慣病の一つとしての糖尿病の原因は肥満だとすれば、2型糖尿病に関しては、太りやすい体質の人は糖尿病になりやすいのではないかと筆者が勝手に想像していたのですが、それは間違っていたのではないかと筆者は現在考えています。

…と言いますのも、欧米人に比べて日本人は、それほど肥満しているわけでもないのにもかかわらず、2型糖尿病になるケースが多いと言われているためです。

それはつまり、日本人自体が欧米人に比べて2型糖尿病になりやすい遺伝的な因子を持っている人の割合が大きいという事になりましょう。

その理由として、日本という国が山上憶良の「貧窮問答の歌」にもあるように、貴族などの一部の特権階級を除けば常に飢餓の危険にさらされて来たという歴史的な背景があり、また、食べ物も穀物が中心の食事でしたので、少ないカロリーで生き残れる事が要求されたわけです。

ところが現在の日本は、食生活が豊かになった半面、少ないカロリーで生き残れるようにするよりも、過剰に摂取されたカロリーをいかにして処理するかが問題になって来たというわけです。

しかし、少ないカロリーで生き残れるように組み込まれた遺伝子は、現在の日本の状況についてゆく事が出来ません。その結果、日本人の2型糖尿病患者の割合は欧米人に比べて多くなったというわけです。

それでは、糖尿病にかかりやすい因子を持っている筆者たち日本人はどうすればいいのでしょうか?

それはつまり、生活習慣から考えてゆく必要があると考えられます。

普段から3階くらいの建物であればエレベーターを使わずに歩いて上る・普段から食べ物に気を付けるなどの努力が必要になるという事になりましょう。それは家族に糖尿病の病歴のない人にも言える事ではないでしょうか?

ここまでお話して来たように、糖尿病になりやすい遺伝的因子を持っている人の割合が欧米人に比べて日本人が高いのは事実です。しかし、糖尿病になりやすい遺伝的因子を持っている人が全員糖尿病になるわけではありません。

何度もお話しているとおり、2型糖尿病が生活習慣病の一つにカウントされているように、食べ物に気を付ける・身体を動かす事を心がけるなどの生活習慣を送る事によって、2型糖尿病の発症をおさえる事が出来る可能性は残されています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク