糖尿病 症状 治療

糖尿病の症状が現われない事と糖尿病の治療が上手く行っている事はイコールではない

糖尿病とは血液中のブドウ糖の濃度(=血糖値)が異常なまでに高くなる病気です。

そして、詳しい検査の結果、「糖尿病だ」と診断されると、糖尿病の治療が始まります。

糖尿病の治療の3本の柱は食事療法・運動療法・薬物療法です。インスリンを注射するインスリン療法も薬物療法の中に入ります。

糖尿病の治療の流れについては、現在では早めにインスリン注射による治療を開始する事でインスリンを作り出すすい臓という臓器を休ませるという方法で治療をする方法も登場して来ましたが、一般的には、まずは食事療法と運動療法をやってみて、それでも血糖のコントロールが上手く行かない場合に薬物療法を行うという治療の流れになります。

糖尿病とは初期にはこれと言った自覚症状が現われず、現われたとしても、多飲多尿・疲れやすい・のどが異常なまでに渇くなどの「ちょっとした症状」で済ましてしまいがちなものばかりです。

そのため、糖尿病の治療が上手く行っているか否かを判断するのは、患者さんの自覚症状ではなくて、糖尿病の検査結果を見て医師が判断する事になります。

糖尿病の検査とは、血糖値を測るだけではなくて、グリコヘモグロビンと呼ばれる、赤血球の中にあるヘモグロビンの中でも、ブドウ糖と結合しているヘモグロビンの割合を現わすHbA1c(「ヘモグロビンエーワンシー」と読みます)検査などもやります。

蛇足ながら、普段は食事療法と運動療法を真面目にやらない人が糖尿病の検査の直前だけ真面目にそれらの治療をやって、糖尿病の治療が上手く行っているかのように担当医に思わせようとする方がいらっしゃいますが、HbA1c検査は1カ月から2ヵ月前までの血糖値まで割り出す事が出来ますので、そのような小細工は通用しません。

だからと言うわけではありませんが、糖尿病の治療は普段から真面目に糖尿病の治療を行う事が大切です。

間違っても「糖尿病だって医師から言われたけど、特に痛いところはないし、真面目に食事療法と運動療法をやらなくったって平気だ」と思ってはいけません。糖尿病の治療を真面目にやらないと、今度は糖尿病、つまり高血糖状態が続く事による症状が現われるようになります。これが糖尿病の合併症です。

糖尿病とは血糖値が高くなる病気です。しかし、全身の細胞に栄養を供給している血液の中の糖分(=ブドウ糖)が異常なまでに増えているのですから、その影響は全身に及びます。

それを考えると、糖尿病とは「血糖値が高くなる『だけ』の病気」だけとは言えず、「糖尿病とは血糖値が高くなる事によって不都合な症状が現われる病気」と言った方がわかりやすいのではないかと考えさせられる時があります。

ちなみに、糖尿病の合併症とはどのようなものがあるのでしょうか?

糖尿病の3大合併症と呼ばれる症状とは、糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症・糖尿病性神経障害です。

それ以外にも足に壊疽や潰瘍などの病変を起こした結果、足を切断せざるを得なくなったりします。中には糖尿病性神経障害によって便秘が現われた、という事さえあります。

本当に、「こんな症状が糖尿病と関係があったなんて!」という症状が現われますので、「こんな症状(小さな怪我)なんて大した事はない」と自己判断しないで、どのようなささいな事であっても担当医とご相談の上で糖尿病やその合併症の治療を受けて下さい。

もちろん、糖尿病、つまり高血糖状態が進んでそれによる合併症の症状が現われた時には、その合併症の治療を受ける事も大切ですが、その大本である血糖のコントロールも行う事も大切です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク