糖尿病の皮膚症状

本当に恐ろしい糖尿病の皮膚症状

糖尿病の症状と言えば「『糖尿病』と言うからには尿に糖分(ブドウ糖)が出て来るんじゃないの?」という感じの方もいらっしゃれば、「糖尿病になったら足を切断したり失明したりするんでしょ?」と糖尿病とは恐ろしい病気だとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

厳密に言えば、糖尿病自体の症状と糖尿病を放置した結果起こる糖尿病の合併症とがあります。

多飲・多尿などは糖尿病、つまり高血糖状態になった時の症状で、足を切断などのお話は高血糖状態が長い間続いた事による合併症なのです。

このように、糖尿病つまり高血糖状態になると、思わぬところにその影響が出たりします。

その一つとして、皮膚に関する事があります。

糖尿病の症状として皮膚症状が出るというのもおかしな事だとお思いになるかと思われますが、これが大きく関係しているのです。

糖尿病になると、感染症にかかりやすくなります。その結果、皮膚にかゆみが出たり、おできが出来たりするというわけです。実際、糖尿病の患者さんのおよそ30%に何らかの皮膚の病変が見られるとの事です。

たとえば糖尿病性水疱(とうにょうびょうせいすいほう)。これは突然手足などに水疱が出来るものです。

それ以外にも糖尿病性リポイド類壊死症(るいえししょう)と言って、だいだい色の斑点が足のすねや太ももなどに出来る事があります。

何故糖尿病になると糖尿病性水疱やリポイド類壊死症が出来るのか、はっきり解明されていませんが、恐らくは糖尿病による血管障害のためではないかと考えられています。

糖尿病の患者さんは皮膚の中でも足の皮膚の症状に特に気を付けた方がよいという意見もあります。

その意見によると、糖尿病によって血流が悪くなったり感染症になりやすくなる事はすでにお話したとおりですが、特に足の皮膚病変は気付きにくい事があるとの事です。

糖尿病の皮膚症状の中でも恐ろしいのが糖尿病性壊疽(とうにょうびょうせいえそ)・潰瘍です。

簡単に言えば「糖尿病による足の壊疽(潰瘍)」で、冒頭でお話した「糖尿病で足を切断した」というのと関係しています。

糖尿病の患者さんは感染症にかかりやすい事もあり、足白癬、すなわち水虫が多いと言われています。

それに加えて糖尿病による神経障害のために痛みを感じにくく、ちょっとしたけがや火傷、靴ずれなどに気付きにくいのです。

「たかが水虫やけが。ちょっとした靴ずれ」とそれを放置した結果、患部が化膿してしまい、それがひどくなると壊疽を起こし、さらに潰瘍になるというわけです。そして、時に生命にもかかわる事もありますので、恐ろしいです。

つまり、糖尿病性壊疽・潰瘍は水虫やちょっとしたけがや火傷、靴ずれなどのなんて事のない皮膚の症状から始まると言えるでしょう。

そのため、「ほんの小さなけがだから…」と言って放置しない事が大切になるのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク