糖尿病 原因 予防

糖尿病の原因と予防

糖尿病とは血糖値をコントロールするインスリンというホルモンが正常に働かない事によって血糖値が上がってしまい、身体のあちこちに不調が現われる病気です。

皆様の中には「糖尿病になると足を切断したり失明したりする」という、恐ろしいイメージがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

厳密に言えばそれらは糖尿病の合併症(糖尿病が原因で起こる病気や症状)であって、糖尿病(高血糖状態)になる事によって起こる症状ではありません。

その糖尿病にはいくつか種類があります。

すい臓内のランゲルハンス島にあるベータ細胞が死滅する事が原因でインスリンが分泌されなくなる事によって高血糖状態になる「1型糖尿病(以前はインスリン依存型糖尿病と呼ばれていました)」、女性が妊娠する事によってホルモンのバランスが崩れ、高血糖状態になる「妊娠糖尿病」などの種類があり、日本で最も患者数が多いのが、生活習慣が原因で起こる「2型糖尿病」です。

こちらでは主に2型糖尿病を中心にその原因と予防法についてお話してゆきたいと思います。

1型糖尿病についてはある種のウイルスに感染する事が原因ではないかと言われていますが、あくまでも仮説の域を出ず、その原因は不明です。よって、予防は不可能という事になります。そして、妊娠糖尿病については妊娠が引き金になって糖尿病になるものですので、血糖値のコントロールをする・糖尿病の専門医や産後のケアが充分な病院での出産など、予防よりも対策の方が重要でしょう。そして、最も患者数の多い2型糖尿病については皆様もご存じのとおり、生活習慣で発病すると言われています。

一般的には2型糖尿病とは甘いものや脂っこいものの食べ過ぎが原因で発病するイメージがあるのではないでしょうか?

確かに、2型糖尿病の原因として肥満が上げられていますし、その予防として甘いものや油っこいものは太りやすいため摂取を控えめにした方がよいとされています。

つまり、2型糖尿病の原因は、実は肥満、つまり太り過ぎる事なのです。逆に言えば、太り過ぎないようにする事が糖尿病の予防になるとも言えます。

「太り過ぎない」と言えば、食事だけに気を取られがちですが、食事だけに気を付ければよいというわけではありません。

意外な事かと思われますが、食事だけに気を遣っていても、肥満にはなります。

食事に気を付けると、痩せる事は出来るでしょう。しかし、運動をしなければ筋肉が落ちてしまいます(使われない筋肉は落ちますので)。つまりは筋肉の少なくて脂肪の多い身体になってしまうというわけです。いわゆる「隠れ肥満」です。

隠れ肥満の恐ろしいところは基礎代謝が落ちてしまうところです。

基礎代謝が落ちるとどうなるかと言えば、隠れ肥満でない人に比べてエネルギー効率が悪くなります。つまり、使われるエネルギー量が低くなるというわけです。そして、使われないエネルギーは身体にたくわえられます。それは脂肪が身体につくという事なのです。

隠れ肥満を予防するには、運動をする事です。

「運動」と言っても毎日ジムに通ってトレーニングをするなど、大変な事をする必要はありません。

たとえば買い物をするにも、何日間か買いだめをするのではなくて、毎日歩いて買い物に行くだけでも運動になりますし、テレビを見ながらストレッチ体操をするだけでも運動になります。

また、「筋肉をつける」というと水泳をすると良いとよく言われますが、水の中を歩くだけでも運動になります。

このように、ちょっとした工夫で糖尿病の原因である肥満を解消して2型糖尿病の予防が出来るのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク