低身長 専門医

低身長の症状と判断

低身長に悩む本人の方、またはご家族の方はかなり多くなっています。

ただ単に身長が低いだけでは低身長とは言えません。

しかし子供の背が伸びずにいつまでも小さいままであれば親御さんとしても心配でしょう。

あまりにも身長が伸びない場合は、成長ホルモンの障害、つまり低身長であることが考えられます。

心配なおかあさんはまず、母子手帳を取り出してみてください。

ここに標準成長曲線というものが書かれているのを見たことはあるでしょうか。

このグラフから健康に成長しているかの目安を知ることができます。

年齢と身長のラインを見ながら、気になっているお子様の身長を記録してみましょう。

男児、女児とわかれてここに+2SD、-2SDと書かれている項目があると思います。

この範囲の付近で大幅にズレていない限りあまり心配されなくても良いでしょう。

ただ、ずっとこのラインを外れている状態であったり、明らかにズレが生じていたりする場合は一度病院で低身長の相談をされてみると良いのではないでしょうか。

低身長の専門医

全国には低身長を専門に扱う専門医もいます。

主に子供の成長を扱う小児科や、代謝に詳しい病院にいらっしゃいますので気になる場合は問い合わせをしてみてください。

何故このような低身長の専門医が必要になるかと言いますと、個人診療所などではその先生による判断が大きく影響してくるからです。

子供の身長の事が気になって相談してみても、詳しくない医師の場合には成長と共に伸びるから大丈夫、という判断をされたり、小さくてもそれは個人差という判断をするケースが少なくありません。

実際にこのような状況も多いですので一概には言えませんが、もし本当に成長ホルモンが阻害されている為に代謝に異常が起きている場合は将来の事にもかかわります。

グラフなどをつけてみておかしいと感じた場合、しっかりと病院に連絡して低身長に詳しい専門医さんがいらっしゃるかどうか確認した上で受診をしてみてください。

低身長の専門医による本

低身長の専門医によって書かれた本も数は多くないですが存在します。

例えば、低身長の最先端医療ガイドブックという本では、10名の専門医の方が詳しく原因や日常生活などを解説しているので悩む親御さんの判断基準として役立つのではないのでしょうか。

その他にも子供の身長を伸ばすためのわかりやすい本もありますし、成長を促すレシピ集もあります。

まずしっかりと自分自身で正しい知識をつけ、思い込みだけで子供を振り回すような事のないようにしてみてください。
これらの本は大きな書店で取り扱われていますけれど、地元にないような場合は通販を利用されてみると良いでしょう。
低身長は赤ちゃんの時ではあまり気になるものではないですが、大きくなるにつれてコンプレックスにもなりかねません。

まわりのバックアップと、専門医さんなどの力を借りて治療していくようにしましょう。