ぶどう膜炎とは

ぶどう膜炎という病気をご存知でしょうか。

眼球には瞳孔を作る虹彩、水晶体を調節してピントをあわせる働きを持つ毛様体、多くの血管によって栄養を運ぶ働きを持つ脈絡膜という三つの膜で構成されています。

...

がん

乳製品と子宮体ガン

乳製品を多く摂ると子宮体ガンになりやすいと言われていますが、それは本当でしょうか。

子宮の内膜にできてしまう病気である子宮体ガン。

この病気は、ある程度進行してしまうと子宮を摘出する治療法しか ...

霰粒腫になる原因

霰粒腫(さんりゅうしゅ)はまぶたに腫瘤が出来てしまう病気。

麦粒腫と見た目はよく似ていますが、麦粒腫の症状に現れるかゆみや痛み、熱などが、霰粒腫ではほとんど現れません。

では、霰粒腫はどのような ...

麦粒腫とは

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)という病気を耳にしたことはあるでしょうか。

聞いたことのない方でも『ものもらい』と聞けばご存知の方は多いでしょう。

地方によって『ものもらい』や『めいぼ』、『めばちこ』などとさ ...

先天性白内障とは

先天性白内障は、生まれながらに白内障を患っている状態です。

目の中央にはレンズがあり、それが光を反射して物を見れるように作られていますが、白内障は、このレンズが濁ってしまっている状態を指します。

B型肝炎

B型肝炎の抗体

B型肝炎はワクチンを注射することによって体内に抗体を作り出し、病気の感染、発症を予防するという方法があります。

B型肝炎は感染している人の血液や体液などが感染していない人の体内に入り込むことによって感染してし ...

B型肝炎

B型肝炎とは

B型肝炎という病気をご存知でしょうか。この病気はB型肝炎ウイルスが原因となって起こってしまう病気で、感染している人の血液や体液などが感染していない人の胎内に入り込むことによって感染してしまう可能性のある病気です。

悪性胸膜中皮腫

悪性胸膜中皮腫とは

悪性胸膜中皮腫という病気をご存知でしょうか。近年とても問題になっているこの病気は、石綿、いわゆるアスベストと深い関係を持っています。

アスベストは建設現場や造船業などで多く扱われていますが、このアスベスト ...

糖尿病

小児糖尿病とは

小児糖尿病と成人の糖尿病との違いは、糖尿病を発症する年齢が違うだけというわけではありません。

確かに、糖尿病を発症した年齢が、14歳以下であれば「小児糖尿病」と呼ばれますが、治療法その他は成人の糖尿病とは少し ...

糖尿病

糖尿病性腎症について

糖尿病性腎症は自覚症状がありません。

そして、検査で発病している事がわかった時にはすでに手遅れなのです。

もっとはっきり言えば、糖尿病性腎症の症状が出た時には、もう、腎症を完治させる事は出来 ...