ピロリ菌対策

2009年6月24日

ピロリ菌は、様々な病気の原因とされており、日本人にとても感染者が多いのですが、発症率が低く保険が適用されない場合が殆どですので、誰にでも出来る除去対策としてlg21ヨーグルトなどを摂り入れた食生活により効果があるものが複数報告されています。

適切な対策が大切なピロリ菌について

適切な対策が大切なピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は、ノーベル賞を受賞したオーストラリアの2人が1982年に発見した胃に存在する細菌です。

胃の内部には強い胃酸がある為、細菌は生息出来ないとされていましたが、ピロリ菌はそれを覆し、ピロリ菌自身で酸を作り出し中和する事で胃の粘膜に存在する細菌です。

胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、癌などの原因と言われております。その中でも胃潰瘍と十二指腸潰瘍については、除去の治療に保険が適用されますが、その他の場合では保険が適応されません。

ピロリ菌は、子供の頃に経口感染すると言われていますが、成人しても感染する可能性があり、その他にもゴキブリからの感染の可能性もあり、様々な対策が必要とされています。

また日本人にピロリ菌の感染者がとても多く、予防や治療などの対策が必要ですが、殆ど発症しないと言われているため、また保険が適用されない為なかなか個人で対策をしている方は少ないのが現実です。

食生活の改善でピロリ菌の対策で効果があると報告がいくつもされています。食生活の対策としては、食べ物や健康食品によるもので、ブロッコリースプラウトやヨーグルト(lg21)、蜂蜜(マヌカハニー)、梅干などが効果があると言われています。

ピロリ菌対策

ピロリ菌対策で食生活を改善させる方法の一つに、まずヨーグルトが効果があると言われています。研究グループから、LG21と言われる乳酸菌がピロリ菌の減菌作用があり炎症を軽減する効果があると報告されております。

LG21ヨーグルトを食生活に摂りいれるだけで改善が期待出来ます。次にブロッコリースプラウトが効果があると言われています。ブロッコリーの新芽を食生活に摂りいれるとスルフォラファン成分が含まれている為、細菌の活性が減少すると報告されています。

この他にも、もずくやわかめ、昆布などに含まれるフコイダンが細菌の減少に効果があると言われています。また、緑茶に含まれているカテキンも細菌に効果があると言われています。