ピロリ菌 lg21

ピロリ菌の予防や除去に効果があると言われているlg21は、大学と明治乳業などの研究グループにより様々な報告が出ています。最近では、食品化され、ヨーグルトで摂取出来るようになりました。

lg21などで除去出来ると言われているピロリ菌とは

lg21などで除去出来ると言われているピロリ菌は、胃のあらゆる病気の原因と言われています。ヘリコバクターピロリ菌(Helicobacter pylori)と言われ、1982年にオーストラリアの研究者が発見した人間の胃にある細菌の事です。

ピロリ菌は、強い胃酸で無菌だと思われていた胃に、酸(アンモニア)を自ら作り出し胃の中で中和して粘膜に住みつく細菌です。日本では、感染している保菌者が約6千万人と言われています。

また、その内40歳以上の70~80パーセントの人が感染していると言われています。ピロリ菌の細菌治療は、除菌キットなどを使用して行います。

ピロリ菌は、子供の頃に人の口から経口感染すると考えられていますが、ゴキブリからも感染する可能性がありますので、駆除する必要があります。この様に感染する可能性が高いピロリ菌については、除去や除菌の前に日ごろの感染予防がとても大切です。

またピロリ菌は、成人しても感染する可能性もございますので、衛生状態の悪い場所では生水を飲まないようにしたりする必要もあります。最近では、ピロリ菌を予防や抑制出来ると報告されている食べ物や食品が増えています。

その中でも効果があると言われているのが、ブロッコリースプラウトや梅干、ヨーグルト(lg21)、蜂蜜などです。ただこのような食品を摂れば良いという訳ではなく、バランスの取れた食生活がとても大切です。

ピロリ菌に効果があるlg21

ピロリ菌に効果があるlg21は、東海大学医学部と明治乳業などの研究グループやわかもと製薬などにより製品化された菌種です。

lg21は、乳酸菌の一種で、低栄養条件でも増殖力があり、殺菌作用がある乳酸菌を数多く生産する事ができ、胃の中でも接着力があり、酸にも強く、健康に良い優れている乳酸菌です。

lg21は、ピロリ菌に効果のある乳酸菌としてヨーグルトに含まれて体内へ摂り込む事が可能になり、メーカーから販売されているlg21のヨーグルトであれば、薬特有の副作用の心配もありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク