ピロリ菌 駆除

2009年6月24日

駆除しておきたいピロリ菌について

駆除しておきたいピロリ菌は、へリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)と呼ばれる日本では50歳以上の60パーセントが感染していると言われている細菌です。

また、日本人のピロリ菌の保菌者は6000万人とも言われています。

1982年にオーストラリアの研究者2人が発見し、胃に生息する最近で、主に子供の頃に経口感染すると言われている、様々な病気を引き起こし、さらに癌に発展する事も報告されている程健康に深刻な問題を引き起こす可能性のある細菌です。胃の中は、酸性ですので、一般的には細菌は存在する事が出来ませんが、ピロリ菌は自分で酸を作り出し中和する為、胃の中でも増殖されます。

ですので当然駆除する為には、強い薬を長期間使用する必要があります。実際ピロリ菌を駆除するには、除菌キットなどがあります。最近では、ピロリ菌を駆除や予防の対策に食べ物や健康食品などが注目を浴びています。

ピロリ菌の駆除や予防対策

ピロリ菌の駆除や予防対策に注目を浴びている食べ物や健康食品には、ブロッコリースプラウトやヨーグルト、蜂蜜、梅干、プロポリスなどがあります。

ヨーグルトですとlg21のヨーグルト、蜂蜜ですとマヌカハニーなどが効果があると言われています。ヨーグルトや蜂蜜などの報告は以前からあり、注目を浴びていましたが、最近プロポリスに高い効果があると報告されました。

プロポリスは、胃の内部にあるウレアーゼの働きを抑制させピロリ菌を駆除して炎症や潰瘍を治す効果があると言われています。胃潰瘍や十二指腸潰瘍の場合は保険が適用されますが、この様にピロリ菌の駆除や予防対策として、保険が適用されない駆除と薬の使用、副作用などのリスクを考えると、食生活を改善させる事が有効だと言われております。

ピロリ菌駆除の治療方法

ピロリ菌駆除の治療方法には、ビスマス製剤による除菌に、アモキシシリンやチニダゾールなどの抗生物質を組み合わせた方法や、さらにメトロニダゾールを組み合わせた方法があります。

ただこの治療方法だと副作用があるのが問題でした。最近新たに発見された治療方法に、ランソプラゾールとアモキシシリン、クラリスロマイシンの初期のビスマス製剤を使用した方法があります。

これは副作用を抑えられ、1週間という短い期間の治療で高い効果を得ることが出来る、現在最も適用されている治療方法です。