ピロリ菌 口臭

口臭の原因とされているピロリ菌は、日本人で保菌者がとても多く注目されていますが、必ずしも口臭の原因ではありません。また検査や治療方法、予防方法なども様々で、適切な対策が必要です。

口臭の原因とされるピロリ菌について

口臭の原因とされるピロリ菌は、胃炎や胃潰瘍、十日腸潰瘍などの病気の他、癌の原因とも言われています。日本では保菌者が多く存在している事で様々な治療方法や予防対策が注目されています。

また日本人の40歳以上では70パーセントを超える人が保菌者と言われています。ピロリ菌による病気の発症率は低い事で知られていますが、病気のリスクを考えると適切な対策が大切になります。

ピロリ菌の除去などの治療方法には、除菌キットなどを使用して行います。胃潰瘍と十日腸潰瘍のみ、除去の治療に保険が適用されます。除菌キットは個人で輸入して手に入れる事も出来ます。

また感染を検査する事もでき、遺伝子診断法以外は保険が適用されます。

ピロリ菌の口臭について

ピロリ菌の口臭は、感染により匂う場合もありますし、全く匂わない場合もあります。ヘリコバクター・ピロリという細菌は、グラム陰性菌に属されており、歯周病の原因とされる細菌と同じものです。

ピロリ菌による口臭は、細菌が直接の原因ではなく、この細菌により引き起こされる胃潰瘍や胃癌などにより起こるとされています。そして、胃腸の調子が悪いせいで舌苔ができ口臭の原因になっています。

ただこの細菌と口臭には関係がないとしている医者もいます。口臭が匂う患者の口腔内から細菌が検出されなかった場合と、検出される場合があり、ピロリ菌による口臭についてはまだはっきりとしていないのが現状です。

また口臭の原因には、胃炎や舌の苔のとりすぎ、虫歯、歯槽膿漏、便秘、胆汁の働きが鈍くなっている場合、体内のイースト菌が異常に増殖している場合によるものなどがあると言われています。

ピロリ菌の口臭の予防方法

ピロリ菌による口臭の予防方法には、様々なものがありますが、適切な方法で予防する事が大切です。

口臭の予防には、ピロリ菌を除去する事が出来る歯磨き粉を使用する事やピロリ菌に効果があると言われている乳酸菌(ヨーグルト等)などの食べ物、健康食品などを活用する事で予防出来る可能性があります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク