ピロリ菌 除去

ピロリ菌の除去の効果的な方法はどのようなものがあるでしょうか。ピロリ菌と胃がんとの関係、lg21配合のヨーグルトの効果などピロリ菌の影響や除去方法について検証していきます。

ピロリ菌の除去

ピロリ菌の除去にはどのような方法があるでしょうか。まず、ピロリ菌とは何でしょう?最近世間を騒がせているピロリ菌、名前くらいは聞いたことがある方も多いと思いますが、実際どのような菌でどんな症状が起こるのかは知らない方もいると思います。

ではご説明しましょう。ピロリ菌は、胃粘膜の上皮層に付着すると注射針のような刺でCagAというたんぱく質を打ち込みます。それが胃粘膜や細胞の機能を失わせるのです。このようにして、攻撃されると胃腸の不調や口臭といった症状が起こったり、胃がんにつながってしまうケースもあります。

このピロリ菌ですが、日本では約6000万人が感染していると言われています。40歳以上の日本人の70パーセントから80パーセントの人がこのピロリ菌に感染していると言われているほど身近な菌なのです。

ピロリ菌の除去と胃がんの予防

ピロリ菌の除去と胃がんの関係を見ていきましょう。ピロリ菌がどのように胃を攻撃するかはさきほど説明しました。しかし、多くの人が感染しているピロリ菌なのでそんなに怖くないと思うかもしれません。

しかし、このピロリ菌が胃がんの原因であるとも言われているのです。胃粘膜を攻撃されると、機能が低下した胃粘膜の上皮細胞ははがれおちてしまいます。

それが進行すると胃炎や胃潰瘍を引き起こすことにつながります。さらにピロリ菌のCagAが細胞増殖をコントロールするタンパク質に付着してしまうと、上位細胞が異常に増殖し、胃がん発生の原因になってしまうのです。

みんなが持っている菌だからといって安心はできません。一歩間違えばとても危険な菌なのです。そのピロリ菌を除去することで胃がんの予防にもつながるということになります。

ピロリ菌の除去に聞くL21乳酸菌

ピロリ菌の除去にいいと最近話題を集めているのがL21乳酸菌です。ピロリ菌を直接殺す乳酸菌の発見はとても画期的な発見でした。それまでは、胃カメラを飲んで直接ピロリ菌を除去する方法しかなかったのです。

しかし、このL21乳酸菌の発見により、その必要がなくなったのです。自分で手軽にピロリ菌除去・予防ができるようになったからです。

それから、L21乳酸菌を含んだヨーグルトが明治乳業から発売されました。このヨーグルトはとても効果があるようで、気になっていた口臭が消えたり、舌がきれいになった、胃腸の状態が整ったと評判です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク