虫さされ 痕

虫さされ痕は大体は時間の経過でなおってしまいます。しばらく隠し続けていればそのうち消えるのですが、なかなか消えてこない人もいます。あまりにも気になる場合は病院へいきましょう。さされてもかかないことが一番です。

虫さされ痕の原因

虫さされがアザのように痕になってしまっていたり、かいているうちに傷になってしまったりします。

こうならないように、早めに薬を塗るなどして治療できれば言うことはありません。

何故虫さされ痕が目立つようになってしまうのでしょうか。

虫がさして腫れているということは、皮膚で炎症が起こっています。

この炎症が原因になって色素沈着をしてしまった状態です。

皮膚科や病院で相談しても、時間とともに薄くなるので、と言われてしまった方も多いでしょう。

隠れる場所なら良いのですが、顔であったりすると早く完全に治療してしまいたいですよね。

虫さされ痕をとりあえず隠す

これは虫さされ痕をとりあえず隠す方法です。

ちょっとワントーン暗めのコンシーラーやファンデーションなどでぐりぐり塗りつぶしてしまいましょう。

根本的な解決にはなっていませんけれど、治療中におでかけなどでとりあえずどうしてもカバーしたい場合では有効です。足なんかだとほとんど目立たなくなります。

化粧水で虫さされ痕を消す

虫さされ痕は色素沈着ですと書きました。
なので消そうと思うのなら美白化粧水がベストです。

ビタミン系の化粧水を使ってとにかく薄くすることを考えましょう。

そして最近は人工皮膚化粧品というのがあります。これは口コミでもかなり話題になっていますよね。

ボコボコしわしわになってしまったような虫さされ痕なら、すぐに効果が出ますのでおすすめです。

値段は少し高いですけれど、虫さされ痕だけでなくて毛穴の開きなんかにも利用できます。

病院で虫さされ痕を治療

美容に詳しい病院では、虫さされ痕もきれいに消してくれる治療があります。

レーザー治療などはよくみんなご存知ですよね。

ニキビ痕の治療にも使われるアレです。

虫さされ痕では、ケミカルピーリングやイオン導入を使ったりします。

ケミカルピーリングは古い角質をはがして新しくきれいな皮膚ができるお手伝いをします。

イオン導入は、ビタミンcを肌に効果的に取り込む方法なので美白効果があります。

相当ひどい虫さされ痕になってしまっている人は、病院での治療のほうが安心できます。

虫さされを痕にしないために

虫さされを痕にしない為には、早く炎症を軽くおさめることが一番です。

かゆいからといって、かゆさに負けてかいてしまうのが一番よくありません。

これは、痒いというのは痛みと同じもので、痛いが軽くなっているのが痒いということからも想像できるでしょう。

痛い場所をガリガリかきむしったりはしませんよね。

がまん、がまんです。今は虫さされパッチみたいな貼るタイプの虫さされ薬がでています。

これならかくこともできないし、かゆみもやわらぐのでおすすめです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク