ヒアルロン酸配合の目薬

ヒアルロン酸配合の目薬

特にヒアルロン酸目薬はドライアイの人には眼科で処方されます。

 ヒアルロン酸の目薬は様々なものがあり購入する時に迷います。ヒアルロン酸の目薬は市販のものもありますが、配合率が眼科で処方されるヒアルロン酸配合の目薬より少なく他にも様々な成分が混ざっている事が多いです。

ヒアルロン酸の目薬の購入を考えている人やドライアイや疲れ目で悩んでる人に一番良いのは、眼科に行く事をオススメします。

 ヒアルロン酸とは、体内に存在するゼリー状の構造成分の事です。このヒアルロン酸は、わずか1gで6リットルの水分を保持する事が出来ます。

ヒアルロン酸は、体のどの場所でも保水性を保ちますので、目薬以外にも様々な事に使用されているのは既に周知されていると思います。

またヒアルロン酸はムコ多糖類の一種で、眼以外にも、皮膚や関節液、へその緒、心臓の弁膜、大動脈、腎臓に存在しています。ですので、ヒアルロン酸は細胞間に充分水分を蓄える働きや弾力性によりクッションの働きをしている訳です。
 ヒアルロン酸は医薬品と化粧品等で使用されていますが、ヒアルロン酸の目薬には、コンドロイチン硫酸が使用されています。

また最近では「ヒアルロン酸ナトリウム」の目薬も出てきました。このヒアルロン酸ナトリウムは、粘着性と水分保持力がり、涙液を目の表面に保持する作用があります。因みにヒアルロン酸ナトリウムとは、ヒアルロン酸のナトリウム塩の事です。

ヒアルロン酸目薬の効果

 ヒアルロン酸目薬の効果につて、実はヒアルロン酸は目の硝子体に多く含まれています。その硝子体が、目の緩衝作用や眼圧維持の働きをしているんです。

ですので、ヒアルロン酸目薬を使用する事によって、その硝子体の保湿力を高め、目の乾燥を防ぐ事が出来ます。という事でドライアイだけでなく眼の充血にも効果があります。

 ヒアルロン酸目薬は主にドライアイやコンタクトレンズの違和感などの緩和に使用されています。

 疲れ眼やドライアイなどの目薬は、市販のものだと効果がなかったと言う人が多いので、やはり眼科で処方してもう方が良いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク