白内障 点眼薬

白内障と点眼薬

目のレンズである水晶体が濁ることによってなってしまう白内障。

この病気が進行すると、徐々に視界に霧がかかったように白く濁ってきます。

さらに病気が進行することによって、失明のおそれもありますので早期の治療が必要です。

ですが、この白内障の治療は、現在のところ手術による方法しかありません。

しかし、白内障の進行がまだ軽度の場合だと、点眼薬を使用する場合があります。

しかし現在のところ白内障を点眼薬で治療するものは見つかっておらず、この点眼薬はあくまでも病気の進行を遅らせる目的で使うことになります。

また、病気の進行を遅らせるのは点眼薬ではなく、内服薬を使用する場合もあります。

これらの薬は、医師によって処方されるもので、自分の判断で服用するのは危険ですので、白内障だとわかっても自分で治療を行なおうとは考えずに、まずは信頼できる医師に相談することが重要です。

白内障点眼薬の種類

白内障の進行を遅らせるには、点眼薬や内服薬を使用します。

この病気の進行を抑制する点眼薬にはいくつか種類があり、それぞれに役割が異なります。

そのひとつのカタリンというものは使用しても副作用がなく、現在白内障の進行を遅らせる点眼薬として広く使われています。

水晶体のタンパク質の異常な代謝を防ぎ、それにより病気の進行を遅らせるのです。

比較的病気が進行していない場合に使用されます。

もうひとつの点眼薬であるタオチンは、目のアミノ酸を補う働きを持った点眼薬です。白内障になると水晶体にあるグルタチオンというアミノ酸が減少していってしまいます。

細胞を保護してくれる働きを持つこのアミノ酸の現象を防ぐことによって、白内障の進行を遅らせます。

しかし、やはりこれらの薬を使用しても白内障を完全に治療することは難しく、白内障を治療するには手術が必要です。

現在、白内障の手術を行う病院の数は増えていますので、信頼できる医師とコミュニケーションを取りながらよく相談し、手術によって治療しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク