ぶどう膜炎

ぶどう膜炎とは

ぶどう膜炎という病気をご存知でしょうか。

眼球には瞳孔を作る虹彩、水晶体を調節してピントをあわせる働きを持つ毛様体、多くの血管によって栄養を運ぶ働きを持つ脈絡膜という三つの膜で構成されています。

そしてこれら三つの膜をまとめて、果物のぶどうに似ているところからぶどう膜を呼ばれています。

ぶどう膜炎は、このぶどう膜になんらかの原因で炎症が起こってしまうことを呼びます。

ぶどん膜は眼球の他の部位と比べて血管が多いのが特徴です。

そのため、ぶどう膜に炎症が発生してしまうと、全身に炎症の症状が現れてしまう可能性が高く、また炎症にかかってしまう可能性の高い部位でもあるのです。

さらに厄介なのは、このぶどう膜は眼球の大事な部位の一つである網膜と接しているため、ぶどう膜炎にかかってしまうと網膜にも影響を与えてしまう可能性が高くなります。

そのため、ぶどう膜炎は治療せずに放っておいてしまうと視力低下に繋がり、最悪の場合は失明してしまう恐ろしい病気です。

ぶどう膜炎の原因

ぶどう膜炎は治療せずにそのまま放置してしまうと視力低下、失明してしまう可能性のある恐ろしい病気です。

ぶどう膜炎の原因は多種多様で、現在でもわかっていないものもあります。

代表的なもので、ベーチェット病、サルコイドーシス、原田病があり、これらは三大ぶどう膜炎と呼ばれています。

三大ぶどう膜炎の他にも膠原病、関節炎、腸疾患、皮膚疾患、脳神経疾患、耳鼻科疾患、糖尿病や、血液疾患、悪性腫瘍などがぶどう膜炎の原因になると考えられています。

このように、ぶどう膜炎は原因が非常に多い病気です。

しかし、原因がわからなければ治療方針が立てにくいため、原因を見つけることは非常に重要です。

そのため、自分の体の異常に気づいたらそれがどんなささいな事でも医師に相談しておくといいでしょう。

ぶどう膜炎の原因となっている病気は多種多様で、どのような方でもかかってしまう可能性のある病気です。

自分には関係ないと思わずに、何か異常を感じたらすぐに病院で検査を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク