高血圧に最適な減塩食をおいしく作るコツ

なぜ塩分の取りすぎが、高血圧につながるのか?

高血圧の予防には減塩が効果的と言うのは、有名な話で、皆さん良く知っていると思います。日本人は味噌汁を飲むことが多いので、タダでさえ「塩分の取りすぎだ」といわれています。

ですが、なぜ食塩と高血圧が関係あるのでしょうか?もともと人間はいらない塩分を体外に排出する機能を持っているのですが、その機能が弱い人がいるのです。

そのような人は塩分を体の中に溜め込みやすく、結果的にその塩分を排出しようとして、細胞の中にカルシウムを取り込みます。

このカルシウムを細胞内に取り込むと、血管が収縮して、血圧が上がってしまうのです。

このようなことから、体の中に塩分を溜め込まないようにする事が、高血圧防止になる事がお分かりいただけたと思います。つまり減塩をしなさいという事です。

高血圧予防に減塩食

では減塩食にするにはどうすればい良いのでしょう。とりあえず目標は1日に日本人が必要な塩分6グラムです。

ただ単に、調理するものの味付けを薄くするだけでいいのでしょうか。それだけではなかなか難しいでしょう。

日本人が摂取してる塩分は1日12グラムといわれていますので、半分の摂取量にしなければいけません。

しかも塩分は、いろいろな食品にもともと含まれているので、それまであわせて6グラムです。それって至難のわざですよ。しかも加工食品には塩分がけっこう含まれていて、食パン1枚に0.8グラム、乾麺のうどん1人前で3.0グラムです。うどん2人前食べたらそれで終わりです。

このようなことから、主食はパンよりもご飯だという事が分かったと思います、また加工食品はもともと塩分が入っているものが多いので、パッケージなどで、塩分を確認するクセをつけましょう。

減塩食の工夫

高血圧の人の減塩食は、一生続けていかなければいけません。毎日味気ない食事ばかり取っていれば、飽きてきますし、食事と言う楽しみが、楽しみでなくなってしまいます。しかも食事は毎日の元気の源なのでとても大切ですよ!

そこで少しでもおいしく出来る減塩食はどうすればできるのか考えて見ましょう。

まずは、和食で考えて見ましょう。和食は低脂肪で、食物繊維が多いので非常に体に良いとされていますが、味付けによっては塩分はかなり高くなってしまいます。

肥満対策にはもってこいの日本食ですが、味噌汁やお漬物を取っていてのではあっという間に、6グラムをオーバーしてしまいます。

意外かもしれませんが、減塩食には洋風のメニューのほうがむいているんです。ただし脂肪分だけは高くなりがちなので気をつけてください。また減塩食といっても、味のしない料理なんて食べる気になれないのでおいしく減塩できる、コツをご紹介します。

まずは、香りに注目してみましょう。薄味でもおいしく感じられるために、風味をきかすのです。
にんにく、しょうが、シソは香りが強く風味を利かせる事ができます。またカレー粉や唐辛子などの香辛料も薄味をおいしく出来ます。

味付けに関しては、塩の代わりに。酢やレモンの果汁を使います。

また、おしょうゆの代わりに、昆布やかつおなどでだしをとっておしょうゆとあわせておけば、おしょうゆのかわりになります。ほかにも洋風のメニューで、シチューを薄味にしても、牛乳でこくをだせば、おいしくいただけますよ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク