VDT特殊健康診断

VDT特殊健康診断とは

VDT特殊健康診断は現在社会の中では無くてならない健康診断のひとつです。

現在はどのような業務においてもコンピューターを使用して作業を行うことが増えてきました。

コンピューターを使用した作業は大変便利で効率よく行うことが出来ますが、問題のある作業環境や、過剰な作業時間などによって健康が害されてしまう場合があります。

実際に、最近ではこのような作業に酔って健康を概してしまう人の数が増えており問題となっています。

そのような、コンピューターを利用した作業による健康被害を事前に防止する役割を持つのが、VDT特殊健康診断です。

VDTとは、『Visual Display Terminals』の略で、その名前の通り、コンピューターのディスプレイやキーボードなどを使用してデータの入力・検索・照合等、文章・画像等の作成・編集・修正等、プログラミング、監視等を行う作業に従事する方を対象とした健康診断です。

VDT作業による披露は一見すると少なく、体に負担をかけづらいように見えますが、目や視神経、首や肩、腕、手、指、腰などの筋肉に集中して負担がかかります。

また、細かい作業になるのでストレスがかかることが多く、作業環境や作業時間などが整えられていないと健康を概してしまうおそれがあります。

VDT作業を行う業務の場合、VDT特殊健康診断は定期的に受診する必要があります。

VDT特殊健康診断の検査項目

VDT特殊健康診断はコンピューターなどで作業を行う方を対象とした健康診断です。

検査項目もVDT作業によって疲労がたまりやすい箇所に対するものを中心として行われます。

VDT健康診断の検査項目はおおまかに分けて、医師診察、視機能検査、タッピング検査、握力検査、屈折検査の五つです。

その中でも特に眼に関する検査は詳しく行われ、視力検査や眼位検査、調節機能検査、立体視検査、視野検査などの検査が行われます。

これらの検査項目や検査の内容は、検査を行う病院や診療所などによって異なりますので、検査を行う前に確認しておくといいでしょう。