頭部CT

頭部CTとは

頭部CT検査は、頭部をX線撮影し、コンピューター処理することによって撮影した頭蓋骨の中を輪切りにした状態の画像を映しだす検査です。

実際に頭部の以上を目で見て確認することが出来るため、脳がどのような状態なのかを専門の知識がなくとも理解しやすいことが特徴です。

この頭部CTは以前は時間のかかる検査だったのですが、現在はヘリカルCTという装置が用いられるようになったために検査にかかる時間を大きく短縮することが可能になりました。

そのため、頭部CT検査にかかる時間や手間は、現在では以前と比べて大きく短くなっています。この頭部CT検査には造影剤を使用して撮影する造影撮影と、造影剤を使用しない単純撮影があります。

造影剤は、血管内に投与することによって脳の様子を強調して撮影することが出来る薬品です。

頭部CT検査では通常、造影剤を使用した造影撮影と、造影剤を使用しない単純撮影どちらも撮影することになります。

造影剤には吐き気やアレルギー反応など副作用があるものがありますが、現在では比較的副作用の少ない造影剤が使用されています。

頭部CT

頭部CT検査はX線撮影で頭部を撮影し、コンピューター処理を行うことによって頭部の内部を異常を実際にみることが出来る検査です。

この頭部CT検査では脳の先天性の病気の診断、頭蓋内の血腫の有無、またその場所、脳腫瘍の大きさや場所、種類、良性か悪性か、脳血管障害の場所や傷害範囲を調べることが出来ます。

また、脳の代表的な病気の一つであるくも膜下出血の原因となっている動脈癌を見つけ出すことも可能です。

これによって頭部CT検査で疑うことの出来る脳の病気は、脳梗塞(脳塞栓、脳血栓)、脳出血、脳腫瘍、脳動脈瘤、外傷による脳挫傷や血腫、水頭症などです。

検査に酔って異常が見つかった場合、必要に応じて頭部MRI検査や頭部血管造影検査、眼底検査などでさらに詳しく検査をし、その後医師と相談して治療を行うことになります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク