特殊健康診断

特殊健康診断とは

健康診断といえば、現在では様々な種類のものがありますが、特殊健康診断は法律で定められた特殊な環境で働いている労働者の方を対象とした健康診断です。

通常の健康診断であれば、自身の健康を確認するため、自分の判断や、職場の奨めなどで足を運ぶことが多いのですが、この特殊健康診断は該当する人々が受けることが労働安全衛生法によって定められており、派遣先には労働者に対して特殊健康診断の受診させること、結果を知らせることによる健康の維持が必要です。

この特殊健康診断を受けることが義務となっている人に該当するのは、有害物質などを扱う業務をしている、リスクの高い業務を行っている方です。

特殊健康診断には様々な検査項目があり、業務などによって受ける健診などが異なります。

また、年齢や受診歴などによって検査項目をいくつか省略することも可能です。自分の職務や扱っている溶剤などではどのような検診を受ける必要があるのかなどは、現在はインターネットなどでも簡単に調べることが可能です。

特殊健康診断の検査項目

特殊健康診断は危険物を扱う仕事や、リスクの高い仕事に携わっている労働者の方が受ける義務のある健康診断です。

この特殊健康診断は有機溶剤健康診断、じん肺健康診断、鉛健康診断、電離放射線健康診断、特定化学物質健康診断、石線健康診断など、様々な種類があります。

これらの健康診断はどのような業務を行っているか、業務でどのような物を扱っているかによって受ける検査項目が異なります。

また、検査項目の中でも年齢や受診歴などにより、省略できる検査項目があります。

これらの検査による結果は派遣先から通知され、異常があった場合はすぐに詳しい検査を行うことになります。

職種や取り扱う化学物質によって、どの検査をが必要なのかを導いてくれる『特殊健診逆引きガイド』という、いくつかの質問に応えることによって受ける検査項目を教えてくれるプログラムがありますので、グーグルやヤフーなどの検索サイトで検索してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク