脳ドック

脳ドックとは

脳ドックは人間ドックなどの検査では調べることが出来ない、脳の異常を調べることの出来る検査です。

現在、日本では三大疾病と呼ばれている病気が存在します。

ガン、心筋梗塞、そして脳卒中です。

これら三つの病気は、日本人の死因の多くを占める恐ろしい病気です。

三大疾病のうち、ガンと心筋梗塞は人間ドックなどによる検査で見つけることが出来ます。

ですが、人間ドックには脳の状態を検査する項目がないために脳の以上を発見することが出来ず、脳卒中を発見することが出来ません。

脳の病気といえば、脳卒中以外にも脳梗塞、脳腫瘍、脳出血、もやもや病など恐ろしい病気が多くあります。

脳の病気で一番恐ろしい点は、病状が出てしまうまで病気が進行してしまうと、治療がとても難しいという点です。

脳ドックは、このような人間ドックでは調べることの出来ない脳の病気を検査、予防することの出来る検査です。

人間ドックでの検査だけでは、三大疾病のうち二つしか発見、予防することが出来ません。

本当に健康でいたいならば、人間ドックに加えて脳ドックで定期的な脳の検査をすることが重要です。

脳ドックの検査

脳ドックは人間ドックでは見つけることの出来ない、脳の異常を見つけることの出来る検査です。

脳ドックはいくつかの検査項目があり、それぞれの検査によってあらゆる脳の変化を検査します。

しかし、受けることのできる検査項目は、脳ドックを行う病院や診療所などによって異なります。

ここでは、脳ドックで行われるいくつかの主な検査項目を紹介します。

・MRI検査

磁気共鳴断層撮影とも呼ばれているこの検査は、あらゆる方法から脳の断面画像を撮影し、細かな脳の状態を観ることの出来る検査。

・MRA検査

脳血管撮影。

血管を立体画像で撮影することにより、血液の流れに異常がないかを調べることの出来る検査。

動脈瘤などを発見することが可能です。

・エコー検査

超音波を頸部などに当て、その反射を画像にして調べる検査。

・血液検査

脳ドックでも血液検査は行ないます。

血液を調べることにより、脳卒中の原因となる可能性のある高血圧、糖尿病などの病気や、血液に異常がないかを調べます。

これら検査の他にも病院や診療所により検査項目は大きく異なります。

脳ドックを受ける前に、どのような検査を受けることが出来るのかを確認しておくといいでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク