マンモグラフィ

マンモグラフィとは

マンモグラフィは乳がんを早期に発見するために有効なレントゲン撮影装置です。

乳がんは以前までは日本ではあまり患者さんの数は多くなかった病気ですが、最近になりその患者数は大きく増加しています。

自分は乳がんにかからない、と考えるのは大きな間違えで、どなたにも乳がんに対する警戒が必要なのが現在の状態です。

マンモグラフィーは、そんな恐ろしい病気である乳がんの早期発見に最適なレントゲン撮影装置です。

このマンモグラフィという装置は乳腺、乳房専用のレントゲン撮影で、乳房を挟みながら上下左右から一枚ずつ撮影します。

撮影の際、乳房を挟むことによって多少の痛みがあります。

このマンモグラフィーでは触診で見つけることのできない早期の小さな乳がんやしこりのない乳がんの発見、その他の見つかりにくい異常を見つけることの出来る検査です。

マンモグラフィの特徴

マンモグラフィは乳がん検査を行う場合に受けることになるレントゲン撮影です。

がんの発見といえばマンモグラフィでなくともレントゲン撮影の機器はありますが、なぜ乳がんの検査にマンモグラフィが注目されているのでしょうか? 

それは、マンモグラフィの特徴にあると言えます。

レントゲン撮影は、放射線を使用して撮影します。そのため、レントゲン撮影では患者さんへの放射線被曝による健康への被害が大きな問題になっています。

ですが、このマンモグラフィの場合乳房を圧迫することでの撮影方法などにより放射線の量が他のレントゲン撮影と比べてずっと少なくなっています。

そのため、マンモグラフィによる乳がんの検査では、撮影による患者さんへの放射線での健康被害をまったく心配しなくていいのです。

これによって、定期的な検査が重要な乳がん検査も、何度でも、定期的に受けても問題がないようになりました。

マンモグラフィは乳がんの治療に重要な早期発見をするために作られたレントゲン撮影機器です。

定期的にマンモグラフィによる検査を受け、自分の手で乳がんから体を守ることが重要です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク