胸部CT

胸部CTとは

胸部CTは主に肺部の異常を発見することの出来る検査です。がんの中でも特に多いもののひとつでもある肺がん。

この病気は病気が進行してしまっている場合は治療が難しい病気ですが、発見が早く、早期に治療することが出来ればそれほど治療は難しくありません。

また、肺に関わる病気はどれも恐ろしく、早期に発見することが非常に重要です。

それらの肺に関わる病気を効果的に発見してくれるのが、胸部CTです。

この胸部CTは、X線を照射しそれによる反応をコンピューターで分析し、人体を輪切りにしたような画像を撮影することの出来る検査法です。

この検査は肺や気管、気管支炎の異常を発見するために行われ、その中でも肺がんの検査には多く行われています。

その他にも肺の治療の一部として行われることも多く、肺の異常を検査するには書かせない存在となっています。

胸部CTではそのまま撮影する単純撮影と、造影剤を使用して撮影する造影撮影があります。

造影剤は注射することによって画像にコントラストを付けたり特定の組織を強調する効果のある薬品です。

造影撮影では病変をよりはっきりと確認することが出来るため、一般的には造影撮影が行われます。

ですが、造影剤にはいくつかの副作用もあるため、医師に相談しておくといいでしょう。

胸部CTでの検査は10分から15分程度で完了し、患者さんへの放射線被曝の副作用等はほとんどありません。

胸部CTで発見できる病気

胸部CTは肺や気管に関する異常を見つけることの出来る撮影装置です。

胸部CTで診断することの出来る病気は肺がん、肺炎、肺結核、肺気腫、気管支拡張症などです。

胸部CTでは肺がんの診断を行う際に多く使用されます。

胸部CTによる撮影では他の撮影方法と比べてがんをはっきりと確認することが出来、がんの大きさや場所、浸潤の度合いなどを確認することができます。

その他にも良性か悪性か、他の臓器への転移の可能性はあるかなどを判断する材料にもなるため、胸部CTは肺がんの治療には欠かすことのできない撮影方法です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク