人間ドック 年齢

人間ドックの年齢

人間ドックはどのくらいの年齢から受けることが出来るでしょうか。

生活習慣病を患ってしまう方の数が増えている現在の日本では、人間ドックによる定期的な健康診断が重要です。

ですが、人間ドックに年齢制限等はあるのでしょうか。人間ドックはつまるところ健康診断ですので、病院や診療所にもよりますが、基本的に年齢制限等はありません。

基本的には誰でも受けることが出来ます。ですが、人間ドックは病気を確定する検査ではありません。

そのため、健康保険などの給付の対象ではありません。しかし、現在では健康保険以外の補助金が出る制度がいくつか存在します。

そのような制度の中には対象年齢が存在するものもあり、対象からはずれた年齢の方が人間ドックを受けた場合では補助金を受け取ることが出来ません。

ですので、そのような補助金制度を利用して人間ドックを受けたいという場合には、対象年齢をよく確認し、検査を行うことが重要です。

国民健康保険の場合と社会保険とでもちがいますし、地方自治体によっても違いますが35際以上助成金が出ることが多いようです。

若い年齢からの人間ドック

人間ドックといえば、以前までは比較的高い年齢の方が受ける健康診断でした。

生活習慣病は生活している上での病気になるいくつかの要因が蓄積されて患ってしまうものです。

そのため、年齢が若いうちには生活習慣病を患う人の数が少なかったのです。

ですが、最近では年齢の若い方でも生活習慣病を患ってしまう人の数が増加しています。

その原因は不規則な生活をしてしまうことが多いこと、ストレスを感じ易い社会になってしまっていること、そして食生活の欧米化などが挙げられます。

生活習慣病の病気は、自覚症状が現れてからだと治療が困難な病気が多いです。

そのため、まだ若いからと油断していると取り返しの付かない自体になってしまっているという場合もあります。

最近では人間ドックを受ける人の平均年齢も下がっており、25歳から毎年人間ドックで検査をうけているという人も少なくはありません。

自分はまだ若いから大丈夫、と油断すること無く、人間ドックで定期的な検査を受けることが大変重要です。