人間ドック 循環器

循環器と人間ドック

人間ドックでは循環器の異常を見つけることが可能です。

現在、日本では循環器の病気を患ってしまう患者さんの数が増加し続けています。生活習慣によって患ってしまう生活習慣病。

循環器の病気の中には、そのような生活習慣病のものも多く、不規則な生活をすることが多い、また食生活が偏ってしまいがちな現在の日本では、誰しもが患ってしまう可能性があります。

循環器はその名前の通り、血液を体中に循環させる働きを持つ器官のことで、体全体に張り巡らされている血管、そして血管へ血を送り込む心臓のことを指します。

これら循環器の病気には様々なものがありますが、命に関わる重大な病気がとても多いことが特徴です。

そのため、循環器の病気は早期に発見、治療することが非常に重要です。定期的に体の異常を診断してくれる人間ドックですが、循環器に以上がないかの検査も行ってくれます。

病院や診療所によっては、より詳しく検査してくれるところもありますので、手遅れにならないように人間ドックで定期的な診断を行うことが重要です。

人間ドック 循環器検査の種類

循環器の病気は命に関わるものが多いために、人間ドックによる定期的な診断で早期に発見、早期治療をすることが非常に重要です。

人間ドックは病院や診療所によって、受けることの出来る検査項目も異なります。

循環器の検査も同様で、病院や診療所によっては受けることのできる検査、受けることの出来ない検査がありますので、事前にチェックしておくことが重要です。

人間ドックによる循環器の検査には、安静時心電図、運動負荷心電図、ホルター型心電図、心臓エコー検査、胸部造影CTなどがります。

これらの検査では、不整脈、狭心症、心筋梗塞、心筋症、心室肥大などを見つけることが出来ます。

それぞれの検査にはメリットとデメリットがあります。

特に、妊娠中の方や患者さんに負担のかかるような検査もありますので、人間ドックを受ける前にそれぞれの検査の特徴を調べておくといいでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク