大腸内視鏡検査 費用

大腸内視鏡検査の費用

大腸内視鏡検査にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

肛門から内視鏡を挿入し、大腸の異常を診断する検査である大腸内視鏡検査。大腸がんなどの大腸の病気が増えている現在の日本で、とても重要な検査の一つとされています。

では、この大腸内視鏡検査にはいったいどのくらいの費用が必要なのでしょうか。

大腸内視鏡検査に限らず他の検査の場合でも同様なのですが、これらの検査を行う場合、その病院や診療所などの医療機関によってかかる費用は異なります。

また、この大腸内視鏡検査は内視鏡による異常が見つかった場合にはさらなる詳しい検査と、処置が行われる場合があります。それらの検査や処置が必要な場合には、さらに費用がかかるでしょう。

一般的には、内視鏡だけの検査の場合だと費用は7千円程度、初診料や診察料なども含めると一万円程度になります。

ですが、さらに検査や処置を行った場合はその費用にそれぞれに必要な費用が加算されます。

そのため、少し余裕を持って考えておくといいでしょう。検査の前には、大腸内視鏡検査を行う病院や診療所に連絡をして、どの程度の費用がかかるのかを確認しておくことが重要です。

大腸内視鏡検査 費用

大腸内視鏡検査は一口で内視鏡検査と呼ばれていますが、検査によって異常が見つかった場合には他の検査や処置が加えられます。代表的なもので、組織検査とポリープの切除です。

大腸内視鏡検査によって大腸に疑わしい病変組織が発見された場合、組織の一部を採取してさらに詳しく組織を調査する必要があります。

それが組織検査です。

この検査にかかる費用は、当然病院や診療所によって異なりますが、5千円程が一般的な値段です。

内視鏡検査によって大腸内にポリープが見つかった場合、そのポリープが大きくなかった場合には見つかったその場で切除することがあります。

この処置をする場合、一般的に1万円ほどの費用がかかります。

大腸内視鏡検査と組織検査、ポリープの切除を合計して考えると、2万5千円ほどの費用がかかる場合があります。

ですが、病院や診療所によってその費用は異なりますので、検査の前には必ず検査を行う医療機関で費用はどれくらいかかるのか確認を取るようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク