大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査とは

大腸内視鏡検査は大腸の異常を見つけることの出来る検査法です。

以前はあまり見られませんでしたが、最近は日本でも大腸がんを患う患者さんの数が増えてきました。

大腸内の病気というのは見つけることが困難で、それでいて発見が遅れてしまえば処置が難しくなってしまう厄介な部位です。

大腸内視鏡検査は、そのような大腸の異常を見つけてくれる検査です。

この検査法は、胃カメラのように内視鏡を肛門から挿入し、直腸や結腸、回腸末端を医師が実際に見て診断する検査です。

この検査を受ける必要がある方は、血便が出る、家系に大腸がんを患ったことのある方がいる、過去に大腸ポリープがあった、検診などによって便潜血が陽性になったというような方です。

大腸がんは、比較的最近になって増えてきた病気です。

そのため、あまりこの検査に慣れている医師がいなかったのですが、現在では大腸内視鏡検査を何度もおこなってきた名医と呼ばれるような医師の方もいらっしゃいます。

大腸内視鏡検査は苦しいか

大腸内視鏡検査は大腸の異常を調べるために必要な検査です。

ですが、この検査を受けることに置いて心配なのが、患者さんにかかる負担です。

大腸内視鏡検査は胃カメラなどと比べるとまだ専門的な知識と経験を持つ医師の数は多くありません。

この検査にあまり慣れていない医師の場合ですと、検査で非常に苦しい思いをしてしまう場合や、検査が最後まできちんと行うことができないという場合があるようです。

しかし、現在ではどんどんと大腸内視鏡検査の件数を多くこなし慣れている専門の医師の方も増えています。

加えて、最新の機器により患者さんへかかる負担が少ない検査や、麻酔で眠った状態で検査を行ってくれる病院もあります。

大腸内視鏡検査は苦しいというのは以前までの常識で、現在ではきちんと評判のいい病院や医師にお願いすることによって、検査で苦しい思いをすることはありません。

かかる負担が心配で内視鏡検査を受けるのが心配な方は、評判のいい病院や信頼できる医師を探しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク