大腸内視鏡検査 開始年齢

大腸内視鏡検査の開始年齢

大腸内視鏡検査の開始年齢はどのくらいがいいのでしょうか。

以前は日本ではあまり聞くことがなかった大腸がんなどの大腸にまつわる病気。

ですが、年々日本でも大腸の病気は増え始め、現在では日本国内だけでも毎年8万人の方が新たに大腸がんを患ってしまっています。

大腸がんはがんの中でも発症しやすい部位で、現在男性では2位、女性の場合では1位の発生率の高さとなっています。そのため、自分だけは大腸がんにならないとは思わずに、定期的な検査が重要です。

大腸内視鏡検査に開始年齢制限などは特に定められておりません。

ですが、一般的に大腸内視鏡検査の開始年齢は30歳くらいからがいいと言われています。

大腸がんをはじめとした大腸の病気は30歳くらいの年齢からのリスクが高いためです。

大腸がんは日本で特に多いがんのひとつです。

また、がんの治療には早期の発見と、早期の治療がとても重要です。現在では大腸内視鏡検査も患者に負担のかからないものが多いため、30歳を迎えたら定期的な検査を受けることをおすすめします。

大腸内視鏡検査 開始年齢とリスク

大腸内視鏡検査には特別に開始年齢は定められてはいません。

ですが、30歳ころから大腸がんを代表する大腸の病気を患ってしまう可能性が高いため、30歳を迎えた頃から定期的な大腸内視鏡検査による検査を受けることが利用とされています。

また、年齢の他にも、血縁者に大腸がんにかかった人がいる、塩分の多い食事をとっている、喫煙している、肉中心の食生活で野菜をあまりとっていない、ピロリ菌で陽性判定を受けた方などは特に大腸の病気にいかかってしまうリスクの高い方です。

これらに該当する方は30歳になっていなくとも検査を受けることをおすすめします。

また、血便が出たといったような大腸の病気の症状と見られるような異常を感じた場合でも、大腸内視鏡検査を受け、手遅れにならないうちに大腸の異常を見つけることが重要です。

大腸内視鏡による定期的な検査はいざという時の自分の体をしっかりと守ってくれる重要な検査です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク