乳房エコー

乳房エコーとは

乳房エコーとは、乳房に人間の耳には聞こえない周波数の超音波をあてて、その反射をコンピューターで処理し、乳房の内部を画像化する検査法です。

乳房には乳がんの他にも乳腺炎や乳腺のう胞病などの病気があります。

乳房の病気は早期発見、早期治療が特に重要で、乳房エコーによる検査はそれらの病気の発見をしてくれる検査です。

乳房エコーによる検査は超音波の反射による画像化を行う検査ですので、乳房にしこりがある場合、そのしこりの形や大きななども診断することができます。

乳房の検査といえばエコーの他にも乳房を圧迫してX線による撮影を行うマンモグラフィーなどがありますが、この乳房エコーによる検査の場合は圧迫する必要がありません。

そのため、マンモグラフィーで問題点の一つであった、撮影時の痛みなどを心配する必要がありません。

また、マンモグラフィーでは乳腺の中の異常やしこりなどをの発見は苦手ですが、このエコーによる検査の場合は逆に、乳腺の中の異常を見つけるのが得意です。

ですが反対に、エコー検査では乳房の脂肪の中の異常を見つけることが得意ではありません。

そのため、乳房の異常を調べるためには、乳房エコーとマンモグラフィーによる検査をいっしょに行うことが理想です。

乳房エコーによる負担

乳房エコーは超音波の反射によって、乳房の中のしこりや異常などを画像化して診断することの出来る検査です。

この乳房エコーによる検査では、患者さんに対する負担の少なさが特徴の一つです。

乳房の検査には、他にもマンモグラフィーという代表的なものがありますが、この検査では乳房を圧迫して行ないます。

そのため、患者さんが撮影の際に痛みを感じることが少なくありませんでした。

しかし、乳房エコーの撮影では乳房を圧迫せずに行えるので痛みなどはありません。

また、マンモグラフィーでは極少量とはいえ、X線を使用して撮影を行ないます。

しかし、エコー検査では超音波による撮影で、X線などを使用しないためにX線による被爆や副作用の心配はありません。

検査にかかる時間も10分から15分程度と比較的短く、拘束による負担も少ないと言えるでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク