鳥インフルエンザ対策

鳥インフルエンザ対策

鳥類だけに発症するとされていた鳥インフルエンザウイルスが種を飛び越えてヒトにまで感染した事が確認されたのは1997年の香港での事です。

その時には鳥インフルエンザ(H5N1)に感染したニワトリからそれに接触したヒトへと感染を広げてゆき、1997年香港での鳥インフルエンザの感染者は18人、そのうち死亡した人は6人にのぼりました。

その時には約150万羽のニワトリを処分する事によって鳥インフルエンザの流行を食い止める事に成功したのです。

その後もH5N1型鳥インフルエンザは世界中で発生し、中でも2004年タイで発生した鳥インフルエンザの流行では、H5N1型鳥インフルエンザに感染した娘を見舞った母親へ、つまりヒトからヒトへの感染が疑われるケースもありましたが、現在まで未検証のままです。

2003年オランダでもH7N7型鳥インフルエンザウイルスがヒトからヒトへ感染したのではないかという疑いのあるケースが起こりました。

そのような恐ろしい事を聞くと、私たちも鳥インフルエンザへの対策をしなければならないような気になります。

これは大事な事ですが、鳥インフルエンザウイルスのヒトからヒトへの感染が疑われるケースはあるものの、現段階では鳥インフルエンザウイルスに感染したヒトからヒトへ確実に感染したという事は確認されていません。

鳥インフルエンザの感染経路は鳥インフルエンザウイルスに感染している鳥に接触する事と、鳥インフルエンザウイルスに感染した鳥の羽根や糞を吸い込む事、鳥インフルエンザウイルスに感染した鳥の内蔵に触れた手から鼻へ鳥インフルエンザウイルスが入り込む事です。

ですから、鶏肉を食べる事によって鳥インフルエンザを発症する事はありません。

鶏卵を食べる事で鳥インフルエンザに感染するという事はありませんが、生で鶏卵を食べる事に対して不安があるのでしたら、加熱して食べた方がいいでしょう。

ヒトが鳥インフルエンザに感染した時にはどのような症状が現われるのかと言えば、感染した鳥インフルエンザの株にもよりますが、一般的な鳥インフルエンザの症状は突然高熱が出て、咳や筋肉痛、倦怠感などの全身症状が起こります。

季節性のインフルエンザのような症状から重い肺炎を起こして死亡する事もあります。オランダでのH7N7型鳥インフルエンザでは結膜炎を起こしています。

鳥インフルエンザの感染予防としては、鳥インフルエンザに感染した鳥に直接触れない事です。

もし、触れてしまった場合にはすぐに手を洗って下さい。

鳥インフルエンザの発生が確認されていない地域で注意する事は、野鳥やその排泄物に触れない事です。

鳥インフルエンザが発生している地域で注意する事は、鳥に触らない事、鳥の排泄物に触れない事、鳥に近づく時にはマスク、予防衣、予防用の手袋を着用する事です。

そして、鳥の排泄物を踏んで他の地域に鳥インフルエンザを広げない事も大切です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク