鳥インフルエンザ

鳥インフルエンザとは

鳥インフルエンザとは、ニワトリなどの鳥類の感染症の一種で、A型インフルエンザウイルスによって感染します。

A型インフルエンザはヒトに感染する種類もありますが、鳥インフルエンザと呼ばれるA型インフルエンザとヒトが感染するヒトインフルエンザは別の種類です。

A型インフルエンザウイルスは変化しやすいので亜型も多いのです。

A型インフルエンザウイルスの表面にある糖たんぱく質、ヘマグルニチン(HA)とノイラミニターゼ(NA)の変異種の種類についてはHAが16種類、NAが9種類ある事が確認されています。

そしてHAの16種類とNAの9種類全ての組み合わせが可能なのでA型インフルエンザウイルスは種類が多いのです。

その亜型の多いA型インフルエンザウイルスの中でもヒトの間で感染し流行して来たのはH1~H3とN1~N2の組み合わせで、鳥類に感染するA型インフルエンザウイルスはHAの16種類とN1~N9の組み合わせです。

鳥インフルエンザウイルスの宿主は野生のアヒルなどのカモ類です。

自然宿主が鳥インフルエンザウイルスに感染しても鳥インフルエンザを発症する事はありませんが、ニワトリやウズラなどの元々鳥インフルエンザウイルスの宿主ではない鳥類が鳥インフルエンザウイルスに感染すると鳥インフルエンザを発症します。

この鳥インフルエンザウイルスは鳥類にしか感染しないと考えられて来ましたが、近年家禽として飼育されていたニワトリからヒトへの感染するA型インフルエンザウイルスが現われました。H5N1亜型ウイルス、H7N7亜型ウイルスがそうです。

しかし、現在のところ家禽として飼育されているニワトリからそれに接触したヒトへの感染は確認されていますが、H5N1亜型ウイルスに感染したヒトからヒトへの感染は確認されていませんが、H5N1亜型ウイルスとH7N7亜型ウイルスに感染したヒトからヒトへの感染が疑われるケースは起こっています。

現在のところは鳥インフルエンザウイルスのヒトからヒトへの感染は確認されていませんが、この先H5N1亜型ウイルスがヒトの体内でヒトインフルエンザと遺伝子再集合が起こり、H5N1亜型ウイルスの病原性の高さとヒトインフルエンザウイルスの感染力の強さを併せ持つウイルスが出現しないという保証はありません。

そうなった時には新型インフルエンザとしてスペイン風邪以上のパンデミックを引き起こすのではないかという懸念が広がっています。

ある試算によると、鳥インフルエンザウイルスが突然変異によって新型ヒトインフルエンザウイルスに変化して世界的なパンデミックが起こった場合、最大で5億人が新型ヒトインフルエンザで死亡すると言われています。

H7N7亜型ウイルスについては病原性の高い株と低い株がありますが、ヒトや鳥だけではなくてウマやブタなど種を超えて広く感染する事が確認されていますので、H7N7亜型ウイルスもこれから先パンデミックを引き起こす可能性はないとは言い切れません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク