インフルエンザ 食事

インフルエンザにかかった時の食事

インフルエンザにかかると、38℃以上の高熱と強い倦怠感、関節痛などの症状が現われます。

新型インフルエンザにかかった場合には下痢、腹痛などの消化器官に関連する症状が現われる可能性があると言われています。

インフルエンザによる高熱で身体の発汗量が増えます。発汗量が増えると体内から急激に水分やミネラルが失われます。

下痢などの症状が出ている場合にも脱水症状になる恐れがあります。

そのため、インフルエンザにかかった時には水分の補給をする事が何よりも大切です。

失われた水分は、水やお茶、ジュースなどを飲んで補給すると良いでしょう。

成人の場合はスポーツドリンクがおすすめですが、乳幼児の場合は糖分が多いので避けて下さい。

飲む水分の量は1日に1~1.5リットルを目安にしましょう。

水分の補給については乳幼児と高齢者は特に注意が必要です。

乳幼児は成人に比べて体表面積が広いためにたくさん汗をかきます。

それだけ体内から失われる水分が多いのです。

それに乳幼児は一度にたくさんの水分を摂取する事が出来ません。

そのため乳幼児には一度にたくさんの水分を飲ませようとするのではなくて、1回に飲ませる量を減らして水分を飲ませる回数を増やすようにして下さい。

高齢者は成人に比べてのどの渇きを感じにくいために摂取する水分量が少なくなる傾向があります。

高齢者は水分を飲む時間を決めるなどの工夫をしてこまめに水分を飲むようにしましょう。

インフルエンザにかかった時の食事については、下痢やおう吐がなければ通常の食事をとって下さって結構です。

ただ、インフルエンザにかかっている時、特に高熱を出している時には食欲が出ないものです。

そんな時にはおかゆや雑炊などの柔らかいご飯やうどん、豆腐などの消化の良いものやゼリー飲料、プリンやアイスクリームやヨーグルト、缶詰の果物などののど越しも良くてエネルギーの吸収という観点でも効率の良いものを食べるといいでしょう。

下痢をしている場合には、食物繊維の多いものや脂分の多いものを避け、おかゆやおもゆを中心にした食事を摂るとともに、脱水症状にならないように水分を充分摂ります。

インフルエンザの症状が軽くなって来たら、うどんや豆腐などの衰弱した胃腸に負担を与えない消化の良いものから徐々に通常の食事に戻してゆきましょう。

また、インフルエンザはかからないように予防する事もかかったあとの処置も大切ですが、かかっていない人にうつさない事も
重要です。

インフルエンザにかかった時には、家族などと一緒に食事をするのではなくて、自室など療養している部屋に食事を持って行くなど他の家族とは離れて食事を摂るようにして、インフルエンザにかかっていない人にうつさないように注意しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク