新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ対策とは

2009年に流行した2009年新型インフルエンザ(A型H1N1亜型インフルエンザ、豚インフルエンザとも呼ばれます)は通常の季節性のインフルエンザと同じ扱いになり、「新型」インフルエンザではなくなりました。

しかし、インフルエンザウイルスは今この瞬間もどこかで進化して、今までヒトには感染しなかったタイプのインフルエンザウイルスが新型インフルエンザとしてヒトからヒトへと感染するインフルエンザウイルスが新たに出現する可能性は皆無とは言い切れません。

私たちヒトはそれを何もしないでただ待っているわけにはいきません。新にヒトからヒトへと感染を広げる新型のインフルエンザが出現した時のために、まだ新型のインフルエンザが出現する前にその対策を考えなければなりません。

新型インフルエンザが出現して、かつてスペイン風邪が世界中で猛威をふるったように世界中で爆発的に感染者を増やしていると想定しましょう。

その場合の新型インフルエンザ対策は、まずは感染者を何らかの方法で隔離してそれ以上感染者を増やさない事が求められます。

そのためには感染者を隔離するための施設等の確保などが必要になるでしょう。

それについては個人ではどうしようもないものなので公的機関に対策を考えていただくしかないのが現状です。

そして、世界中で新型インフルエンザの感染者が大量に出て隔離される人が多くなると、私たちの社会生活を維持する事が困難になります。

具体的には物資の輸出入が不可能になり、食料のほとんどを輸入に頼っている日本は大打撃を受ける事になる事が予想されます。

また、流通も滞るようになる事が予想されますので、生活物資を扱っている商店も閉店を余儀なくされる事になるでしょう。

そうなると、食料や生活用品が不足するという事態もあり得ます。

それに対しての対策は、普段から食料や生活用品を約2週間分備蓄しておくとよいでしょう。それは新型インフルエンザで社会生活の維持が難しくなった時のためのみならず災害に遭った時の対策としても有効です。

その他の新型インフルエンザ対策は通常の季節性インフルエンザと大差はありません。

ワクチンがあればワクチンを接種する、混雑したところへは行かないようにする、自宅へ戻った時には手洗いうがいをする、部屋の湿度を適正に保つ、ストレスをためないなどの方法で免疫力を低下させない、野鳥の死骸に触れないなどです。

また、咳エチケットを守る事も新型インフルエンザだけではなくて通常の季節性のインフルエンザ対策になります。

最近よく耳にするようになった咳エチケットですが、元はアメリカで提唱されていたものを日本の厚生労働省が季節性インフルエンザの感染拡大を防ぐとともに新型インフルエンザ対策としても呼び掛けられるようになったものです。

咳エチケットの内容は次の3点を守る事です。

・咳やくしゃみをする時には周囲の人から顔をそむけて口と鼻を押さえる事

・ティッシュペーパーを使ったあとにはふたのついたごみ箱に捨てる

・咳などの症状が出ている時にはマスクをする事

何よりも重要なのは、新型インフルエンザが出現して爆発的に感染者を増やしている時には私たち一人一人が誤った情報に惑わされずに正しい情報を知り冷静になる事です。

新型インフルエンザが現われて爆発的に感染者を増やしているという危機的な状態の時に誤った情報に流された人々が集団パニックを起こす事が最も恐ろしい事だと言えるでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク