新型インフルエンザ

新型インフルエンザとは

新型インフルエンザと言えば2009年に世界的に感染者を出した2009年新型インフルエンザの事を差す事が多いです。

しかし現在では普通の季節性インフルエンザと同じ扱いになっていて、「A型H1N1亜型インフルエンザ」、「豚インフルエンザ」と呼ばれていて、「新型インフルエンザ」とは呼ばれなくなりました。

厳密に言えば新型インフルエンザとは、新たにヒトからヒトへの感染が確認された(よってヒトが免疫を持っていない)インフルエンザウイルスによって引き起こされる、インフルエンザの感染症の事を差すのであって、2009年新型インフルエンザだけを差すわけではありません。

インフルエンザウイルスには数多い種類があります。

そのインフルエンザの種類を大きく分けると、A型、B型、C型の3種類に分類されます。

そのうち、B型とC型のインフルエンザウイルスはヒトにしか感染しませんが、A型のインフルエンザウイルスはヒトだけではなくて鳥や豚、馬や犬などにも感染し、宿主域の広いウイルスなのです。

そのA型インフルエンザウイルスも、全ての株がどのような動物でも感染出来るわけではありません。

A型インフルエンザウイルスの種類によって感染する動物(宿主)が決まっています。

A型インフルエンザウイルスの表面には糖たんぱく質がヘマグルニチン(HA)とノイラミニターゼ(NA)の2種類あり、その変異種の種類があります。その変異種は現在までにHAが16種類、NAが9種類ある事が確認されていて、HAの16種類とNAの9種類全ての組み合わせが可能なのでA型インフルエンザは数多い亜型が存在するのです。

その亜型の多いA型インフルエンザウイルスの中でヒトの間で感染し流行して来たのはH1,~H3とN1, N2の組み合わせです。

鳥類に感染するA型インフルエンザウイルスはHAの16種類とN1~N9の組み合わせです。

このように宿主域の広いA型インフルエンザウイルスも、感染する相手(動物)は決まっているのです。

しかし、ウイルスの突然変異が起こり、本来ならば感染しない動物に感染するようになる可能性もあります。

また、ある動物が同じ種の動物にしか感染しないインフルエンザウイルスとヒトにも感染するインフルエンザウイルスに同時に感染した場合、その2種類のインフルエンザウイルスの遺伝情報がその動物の体内で混じり合ってどちらの特徴も持ち合わせた(これを遺伝子再集合と言います)新型のインフルエンザウイルスが出現する可能性もないとは言い切れません。

2009年の新型インフルエンザもA型H1N1という豚インフルエンザウイルスの原因になるウイルスの変異株によって引き起こされたものです。

感染源は家畜として飼育されていた豚で、その豚からヒトへ感染したものと考えられています。

それでは、2009年に新型インフルエンザが世界的に感染者を出したように、この先インフルエンザウイルスの突然変異や遺伝子再集合などの要因によって新型インフルエンザが出現する事はないのかと言われれば、現時点では「その可能性はある」という返答しか出来ないのが現状なのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク