インフルエンザ おすすめマスク

インフルエンザ感染予防にはN99規格のマスクがおすすめ

インフルエンザの対策としておすすめなのがインフルエンザのワクチンを接種するとともにマスクを着用してウイルスを体内に入れない事、そして自宅に帰ったら手洗いうがいをする事です。

インフルエンザはワクチン接種だけでは完全にその感染を予防出来ません。だからそれ以外の対策を講じる必要があるのです。

インフルエンザにかからないためにはインフルエンザが流行している時期に人が多く集まる場所には行かない事が望ましいのですが、通勤電車の中などどうしても人ごみを避けられない場合はマスクを着用する事です。これは自分がインフルエンザにかからないためにするだけではなくて、インフルエンザに感染した人が健康な人にインフルエンザを感染させないようにするのにも有効です。

そのため、インフルエンザが流行する前にワクチンを接種する事とマスクを準備しておく事をおすすめします。

それでは、インフルエンザ感染対策にはどのマスクでも良いのかと言われれば、必ずしもそうとは言い切れません。

マスクはどちらかと言えば花粉症の人が花粉対策に使用している事が多いためか、薬局で売られているマスクは花粉予防に効果があるものが多いのが現状です。

何故花粉症のマスクがインフルエンザ予防に向かないかと言いますと、花粉よりもインフルエンザウイルスの方が小さいからです。

ガーゼなどの一般的に使用されているマスクでは花粉や咳、くしゃみをした時に出る飛沫を防ぐ事は出来ますが、インフルエンザ
などのウイルスは通してしまいます。つまり、一般的に使用されているマスクではインフルエンザ感染予防としては充分ではないのです。

やはりインフルエンザ感染予防にはそれに適したマスクを選んだ方が良いのです。

インフルエンザ感染予防におすすめなのは、N99規格のマスクです。

N99規格とは、マスクのフィルターの性能についての規格で、PFE、BFEの二つの基準があります。

BFEとは細菌の細菌濾過効率の事でPFE とは微粒子ろ過効率の事です。

BFEのパーセンテージが高ければ細菌の通過を防ぐ効果があるという事になり、BFEのパーセンテージが高いほど0,1ミクロンという非常に細かい試験粒子を防ぐ効果が高いという事です。

つまりN99規格のマスクとは、0,1ミクロンの微粒子の通過を99%防ぐ事の出来るマスクという事なのです。

最近問題になっている新型インフルエンザの大きさが0,1ミクロンですので、N99規格のマスクは新型インフルエンザ対策にもおすすめです。

しかし、ただN99規格マスクを着用するだけではだめです。マスクを着用する時には手を洗ってインフルエンザウイルスをマスクの内側に
入れないように細心の注意をはらいましょう。

さらに効果的なのは、手洗いとともにうがいをする事です。インフルエンザウイルスのついた手でマスクをつけない事が大切です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク