インフルエンザ 症状 初期

インフルエンザの初期症状が現われた時には

インフルエンザが流行するのは11月下旬から3月くらいで、4月から5月に終息を迎えます。

それは、インフルエンザの原因ウイルスであるインフルエンザウイルスが気温も湿度も低い状態の中では長く生存したまま空気中を漂う事が出来るからです。

それに加えて空気が乾燥した状態では私たちヒトののどの粘膜の機能が低下しますので、インフルエンザウイルスに感染しやすくなるのです。

インフルエンザの主な感染経路はインフルエンザの感染者から出る咳などの飛沫から感染する飛沫感染とインフルエンザウイルスのついたものを触った手から感染する接触感染です。

インフルエンザウイルスは感染力が非常に強く、締め切った部屋の中に一人でも感染者がいると、いともたやすく周囲の人にインフルエンザを感染させてしまいます。

インフルエンザは早い人で24時間、遅い人でも5~7日、平均すると2~3日という短い潜伏期間を経て発症します。

インフルエンザは38℃以上の高熱が突発的に出る事から始まります。続いて悪感、筋肉痛、関節痛、全身の倦怠感などの全身症状が強く現われます。

つまり、インフルエンザの初期症状は風邪の症状に似ているのです。

実際インフルエンザは風邪と間違われる事が多いのです。

風邪なのかインフルエンザなのか診断が出ていない状態で風邪をひいたものだと勝手に判断して風邪薬を飲む、あるいは風邪薬を飲ませるのは危険です。

市販されている風邪薬の中にはインフルエンザの時には飲んではいけない成分が入っているものもあります。

特にインフルエンザにかかって高熱を出している小さな子どもさんに風邪だと勝手に判断して解熱剤を飲ませるのは生命にかかわる事にもなりかねません。

インフルエンザのような症状、つまり、38~40℃の熱とともに、咳、のどの痛み、鼻水鼻づまりのうちのどれか一つでも症状が現われた時には48時間以内に病院へ行って診察を受けて下さい。インフルエンザにかかっている疑いがある場合には病院で迅速キットを使っての検査が行われます。

迅速キットの反応が早い人なら15分でインフルエンザにかかっているか否か判断出来ると言います。

迅速キットでインフルエンザにかかっていると診断された場合には、抗インフルエンザウイルス剤を使用しての治療が開始されます。

しかし、抗インフルエンザウイルス剤は48時間以内に使用を開始しなければ効果が薄いのです。

インフルエンザのような症状が現われた時に48時間以内に病院へ行って診察を受けるように言われる理由はそこにあります。

抗インフルエンザ剤としてはタミフルが知られていますが、小さな子どもさんに使用するのは問題があるとされていますので、現在では小児科では使用されていません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク