インフルエンザ 吐き気

インフルエンザで下痢や吐き気のある時には

38℃以上の高熱が突発的に出たり、咳や鼻水が出たり、倦怠感などの全身症状が強く出ればインフルエンザの症状が出たと認識出来ますが、インフルエンザにかかって嘔吐や吐き気、下痢などの消化器の症状が出る事を想定している人は少ないでしょう。

しかし、B型インフルエンザはA型インフルエンザに比べて消化器症状が出やすいと言われています。

また、以前は新型インフルエンザと呼ばれたA型H1N1亜型インフルエンザ(豚インフルエンザ)にかかった時も季節性のインフルエンザに比べると下痢などの消化器症状が現われやすくなる可能性があると言われています。

インフルエンザによって消化器症状が出た場合にはおかゆなどの胃腸に負担のかからないものを召し上がっていただいた方がいいでしょう。

インフルエンザにかかると高熱が出て発汗量もかなり多くなりますので、身体から急激に水分が失われる事に対しても注意しなければなりませんが、下痢をしていると、なおの事体内から水分が失われやすくなりますので、さらに脱水症状への注意が必要になります。

インフルエンザにかかると水を飲むのもつらい時がありますが、一度に大量の水を飲もうとするのではなくて、一度に飲む量を減らして水を飲む回数を増やす、時間を決めて水を飲むなどの工夫をして脱水症状にならないように気をつけましょう。

突発的な高熱などの症状の他に吐き気などの症状が出た場合には自宅に常備薬として置いている市販の薬を飲んで症状を軽くしたくなりますが、インフルエンザにかかった場合には、医師から処方された薬以外は服用を避けて下さい。

インフルエンザにかかった時に解熱鎮痛剤として知られるアスピリンを服用する事によってライ症候群と呼ばれる重篤な症状が出る事は知られていますが、それ以外にも副作用が出る恐れがあります。

抗インフルエンザ薬で下痢や吐き気が出る事もある

薬の副作用と言えば抗インフルエンザ薬にも副作用があります。

タミフルの異常行動がそれ以外にもタミフルの副作用は知られていて、嘔吐や吐き気、下痢などの副作用が出たとの報告もあります。

タミフルとはインフルエンザウイルス自体を殺す薬ではなくて、インフルエンザウイルスの増殖を防ぐ事で結果的にインフルエンザウイルスを体内からなくしてゆく薬です。

C型インフルエンザには効きませんが、A型とB型のインフルエンザには効果があり、特にA型インフルエンザに効果が期待されています。

A型インフルエンザウイルスは変化しやすく、B型インフルエンザよりも重症化しやすいと言われています。

特にハイリスクグループと呼ばれる65歳以上の高齢者や乳幼児、20~64歳の呼吸器や循環器に疾患を持つ人、糖尿病の人、免疫機能が正常に働かない人などにとっては恐ろしいウイルスです。

そして、タミフルは抗インフルエンザ薬としてインフルエンザを発症してから服用するだけではなくて、インフルエンザの予防にも使用出来るという、ある意味ではありがたい薬でもあります。

しかし、タミフルは副作用の問題があります。

その副作用とは頭痛、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、食欲不振などの他に、幻覚や錯覚などの精神的な症状、さらには死亡例まであります。

確かにインフルエンザは恐ろしい感染症ですが、そのインフルエンザを治すための薬を服用する事によって死んでしまっては何のために薬を使うのかわからなくなります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク