インフルエンザ 予防接種

インフルエンザの予防接種について

インフルエンザにかからないためにインフルエンザの予防接種を受けるという予防法があります。

しかし、インフルエンザの予防接種を受けるのはいつでもいいというわけではありません。

予防接種を受けるのに適した時期があります。

インフルエンザの予防接種を受けてからその効果が現われるまでに約2週間かかり、それが最大限に効果を発揮出来るようになるのにはインフルエンザの予防接種を受けてから約1カ月後になります。

その効果が持続するのが約5カ月間で、その5カ月間とインフルエンザが流行する時期が重なるようにしなければなりません。

インフルエンザが流行するのは12月下旬から3月上旬ごろが中心になりますので、12月の中旬までには
予防接種を受けた方がいいでしょう。

特にインフルエンザにかかると重症化しやすい高齢者、気管支喘息など呼吸器の病気や慢性心不全など循環器の病気、糖尿病の人や慢性腎不全など腎臓の機能に問題のある人、免疫不全症など免疫力が弱っている人はインフルエンザの予防接種を受ける事をおすすめします。

乳幼児もインフルエンザには注意が必要ですが、乳幼児へのインフルエンザの予防接種については、乳幼児には現在使用されているワクチンの効果が薄いという報告がある一方、インフルエンザの予防接種は乳幼児の脳炎や脳症を減らしているという報告があります。

そのため、中には乳幼児へのインフルエンザの予防接種を積極的にすすめている医師もいますが、乳幼児へのインフルエンザの予防接種については検討中なのが現状です。

しかし、乳幼児、もしくは上記の疾患を持っている人がご家族にいる場合には、お父さん、お母さんなどその家族はインフルエンザの予防接種を受ける事をおすすめします。

乳幼児、もしくは上記の疾患を持っている人にインフルエンザをうつさないためです。

インフルエンザをうつさないという視点で言えば、ベビーシッタ―や介護を仕事にしている人など乳幼児や上記の疾患をもっている人をお世話している人もインフルエンザの予防接種を受けるのが望ましいと言えます。

心配なのは妊娠中の女性に対してのインフルエンザの予防接種ですが、現在日本では妊娠中の女性への接種については積極的にすすめているわけでもない代わりに接種を禁止しているわけでもないという状態です。

現在使用されているインフルエンザのワクチンはお腹の中の赤ちゃんにまで影響を与えるとは考えられませんし、実際、妊娠中の女性へのインフルエンザの予防接種による副反応の報告は現在のところありません。

しかし、現在日本では妊娠中の女性に対してのインフルエンザの予防接種による調査成績が少ないので、妊娠中の女性に接種したインフルエンザワクチンで副反応が出たという報告がないだけだという考え方も出来なくはありません。

そのため、妊娠中の女性へのインフルエンザの予防接種については、「現在のところインフルエンザにかかる事によって起こると想定される危険性よりも、インフルエンザの予防接種を受ける事によって得られると考えられる利益の方が大きいと判断される場合に限って行われている状態」だと考えていただいて差し支えないでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク