前立腺がん 乳製品

牛乳や乳製品、カルシウムは前立腺がんの発生リスクを高めるか?

皆さまの中には乳製品が前立腺がんのリスクを高めるという話を耳にした事のある方もいらっしゃるかと思われます。そして、前立腺がんになるリスクを高めるものの仮説として、脂質や乳製品を摂るなど食生活の欧米化が関係しているのではないかと言われているのは確かです。

実際、乳製品の摂取量と前立腺がんの発生率の関連性について「多目的コホートに基づくがん予防など健康の維持・増進に役立つエビデンスの構築に関する研究(=JPHC Studyあるいは多目的コホート研究とも呼ばれます)」において調査した事があります。

その調査とは、1995年と1998年に岩手県二戸・秋田県横手・長野県佐久・沖縄県中部・茨城県水戸・新潟県長岡・高知県中央東・長崎県上五島・沖縄県宮古・大阪府吹田の10カ所の保健所(これらの保険諸の名称は2008年当時のものです)管内にお住まいだった45~74歳の男性43,000人を乳製品・牛乳・チーズ・ヨーグルトの摂取量によって四つのグループに分けて2004年まで追跡調査をするというものです。

その結果、調査対象者43,000人のうち329人が前立腺がんになり、乳製品・牛乳・チーズ・ヨーグルトの摂取量が最も少ないグループ最も多いグループを食物ごとに比較すると、最も摂取量の多いグループは最も少ないグループに比べて、乳製品でおよそ1,6倍、牛乳でおよそ1,5倍、チーズでおよそ1,3倍、そして、ヨーグルトでおよそ1,5倍前立腺がんになるリスクが高くなったという結果になったとの事です。

ちなみに、前立腺がんの発生リスク要因の仮説としてカルシウムや飽和脂肪酸もその中に入っていますが、上記の調査では乳製品とともにそれについても調査しました。

それによると、最も多くカルシウムを摂るグループは最も摂らなかったグループとの前立腺がん発生率はおよそ1,2倍、飽和脂肪酸については最も多く摂っていたグループは最も摂らないグループに比べて前立腺がんの発生率はおよそ1,4倍という結果になったとの事です。

ただ、「多目的コホート研究」によると、日本人男性はカルシウムを多く摂る人は飽和脂肪酸も多く摂る傾向があるため、カルシウムと飽和脂肪酸を完全に分けて調査する事は出来なかったとの事で、「カルシウムと飽和脂肪酸、どちらが前立腺がん発生に関与しているのかはこの調査では結論付ける事が出来ない」と言っています。

つまり、上記の調査結果から見ると、乳製品の摂取量が多いと前立腺がんになるリスクが高くなる事は確かめられましたが、カルシウムと飽和脂肪酸の摂取量と前立腺がんのリスクについてはどちらが前立腺がんのリスクを高めるのか(カルシウムと飽和脂肪酸の二つの影響が混じり合ってこのような結果になったのか、あるいはこの二つが相乗効果になってこのような結果になったのか)はっきりしないという事になります。

では、牛乳を全く摂らない方がいいのか? と言われれば、これもまた問題があります。

確かにこの調査では乳製品と前立腺がんの摂取量は関連性があるという結果になりましたが、一方で乳製品は骨粗鬆症や高血圧、大腸がんなどの予防に効果的だという報告も聞かれると言います。

要は何事もバランスが大切だという事で、牛乳などの乳製品も適度に摂るには問題はありませんが、過度に摂ると前立腺がんなどの病気のリスクを高めるという事なのです。

考えてみれば、栄養のバランスが悪いと身体のために良くないのは当然です。それは前立腺がんと乳製品に限らず全ての病気に対して言える事です。

牛乳は健康に良い食物のイメージがありますが、「どれだけ健康に良い食物でも過度に摂るのは問題だ」という事になります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク