前立腺がんの手術

前立腺がんの外科療法(手術)とは?

前立腺がんの手術(外科療法)については、前立腺がんの原発巣である前立腺だけではなくて、前立腺の後ろに位置する精嚢腺も一緒に摘出したあと、膀胱と尿道を縫い合わせるという「前立腺摘出術」という手術を行うのが一般的でしょう。

手術と言えばお腹を大きく切り開いて行う(開腹手術)のイメージがありますが、前立腺摘出術では、下腹部を開いて恥骨と膀胱の間から前立腺を摘出する「恥骨後式前立腺全摘除術(恥骨後式)」と肛門の上を開いて精巣と肛門の間から前立腺を摘出する「会陰式前立腺全摘除術(会陰式)」の2種類の方法があり、どちらもお腹を大きく切り開いて行う手術法ではありません。

そして、前立腺摘出術を行う際にはリンパ管へのがん転移の有無を調べるためにリンパ節郭清を行う事もあります。

前立腺摘出術は前立腺がんの外科療法として最も前立腺がんの生存率を上げる効果が期待出来る治療法です。実際、がん転移のない早期の前立腺がんであれば前立腺摘出術で完治が期待出来るとの事です。

しかし、何事も良い面があれば悪い面があるものです。

この前立腺摘出術後の問題点は、性障害が残る場合があるという事です。

具体的には前立腺の勃起に関わる神経を切除した場合には勃起障害が起こります。また、精子を尿道まで送る精管という管を切断した場合には射精をする事が出来なくなります。

それ以外の前立腺摘出術後の問題点としては尿失禁が起こる事がありますが、これについては前立腺摘出術に慣れた施設であればさほど問題にはならないとの事です。

前立腺摘出術には2種類のやり方がある事は前にお話したとおりですが、前立腺がんの手術の中にはお腹に数カ所の小さな穴をあけてそこから腹腔鏡と呼ばれる内視鏡を入れて手術する方法もあります。それが「腹腔鏡下前立腺全摘手術(ふくくうきょうかぜんりつせんぜんてきじゅつ)」という手術です。

この腹腔鏡下前立腺全摘手術の良いところは患者さんの身体への負担が少ない事です。

お腹に開けるのは腹腔鏡や手術器具を入れる数カ所の穴だけで済みますので、開腹手術とは違って出血量が少なくて済む事と手術からの回復も早いというメリットがあります。

しかし、腹腔鏡下前立腺全摘手術の問題点は経験を積んで手術の技術を身につけた熟練の医師でしか使えない手術法であるためにどうしてもそれを行える施設が限られる事と、早期の前立腺がんにしか行えない手術法だという事です。

また、前立腺摘出術と同じく手術のあとに尿失禁が起こる場合もあるとの事です。

そして、前立腺摘出術と腹腔鏡下前立腺全摘手術の2種類の手術が前立腺がんの完治を目的に行われる手術法であるのに対して、対処療法的に行われる手術法もあります。それが「経尿道的前立腺切除術」です。

前立腺がんが進行して前立腺が肥大して尿道を圧迫する事によって排尿障害が現われている時に行われる手術法で、尿道から先端に電気メスがついた内視鏡を挿入して前立腺を切除する手術法で、前にもお話したとおり、前立腺がんの完治を目的としている手術法ではなく、あくまでもがんが大きくなった時に起こる症状(排尿障害)の緩和を目的としている手術法です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク