前立腺がんの治療

前立腺がんの治療法とは?

前立腺がんの治療法とはどのようなものがあるのかと言えば、他のがんと同じく外科療法つまり手術によってがんを切除するという方法の他、抗がん剤を使った化学療法、放射線を照射する事によってがんを死滅させる放射線治療などがあります。

外科療法(手術)として代表的なのが前立腺と精嚢腺を摘出したあとに尿道と膀胱を縫い合わせて、状況によってはリンパ節郭清を行ってリンパ節へのがん転移の有無を調べるという方法です。

がんが原発巣である前立腺内のみに存在し、患者さんの余命が10年以上あると予測される場合にはこの外科療法は最も効果が高い治療法とされていますが、合併症として尿失禁や性機能障害が出る事が指摘されています。

前立腺の放射線療法も他のがん同様、体外から放射線を照射する事もありますが、前立腺がんの放射線療法として画期的なのが密封小線源療法と言う、放射性物質を密封した小さな粒状のカプセルを前立腺に埋め込む事によって、体内から放射線を当てる治療法です。

密封小線源療法を受けたあとは放射性物質を密封したカプセルを取り出す必要はありませんが、術後は妊婦さんや小さな子どもさんのそばに長時間いないようにするなどの生活上で注意しなければならない事があります。

前立腺がんの治療法としては、上記の治療法の他に待機療法や内分泌療法もあります。

待機療法とはその名のとおり積極的な治療を行わずに経過観察だけをする方法です。

前立腺がんの中でも悪性度が低いがんが前立腺内に少し出来ている、という程度の前立腺がんに行われ、積極的に治療をしなくても余命に影響はないと判断される場合に行われる治療法です。

しかし、この待機療法を悪く言えば「治療らしい治療は何もしない」という事になりますので、経過観察のみで積極的な治療をしない状態にストレスを感じる性格の人には向かない治療法ではあります。

内分泌療法とは前立腺がんが男性ホルモンによって病気が進むという特徴を利用して男性ホルモンを抑制する事で治療をするという方法で、ホルモン療法とも呼ばれます。

具体的には男性ホルモンを分泌している精巣を切除するかLH-RH (レルエイチアールエイチ)アナログを注射する事によって精巣の働きをなくすという方法を使いますが、抗男性ホルモン剤によって男性ホルモンの働きを絶つという方法で治療する事もあります。

この内分泌療法は男性ホルモンの働きを絶つ事によってがんを抑制するというものですから、男性機能の障害が出るという問題が起きます。

そして、この内分泌療法はがんが原発巣である前立腺から転移しているがんに対して行われる治療法で、この内分泌療法の効果が薄い場合には化学療法を行う事があります。

これまでの前立腺がんの化学療法においてその治療の効果の持続期間が短かったために化学療法の有効性を認めない医師もいたと言いますが、最近では「ドセタキセル」という抗がん剤が開発された事もあり、化学療法によって再発した前立腺がんの患者さんの余命を伸ばす可能性を示唆する声も聞かれるようになりました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク