子宮体がん(癌) 検査

子宮体がん(癌)の検査

子宮体がん(癌)の検査はどのように行うのでしょうか。

子宮の内膜に出来てしまう子宮体がん(癌)。

この病気の検査は子宮頸がんで行われている細胞診テストでは見つけることが出来ません。

子宮内膜の異常を調べるには、子宮内にスプーン状に歪曲した細い器具を挿入し、細胞を採取します。

この際、個人によって異なりますが多少の痛みや出血などが見られる場合があります。

出血は人によっては数日間続くこともありますが、検査による出血ですので心配はいりません。

その後、採取した細胞にがん細胞がないかどうかを検査するために組織診断に提出されることになります。

検査に多少の痛みが伴う子宮体がん(癌)の検査ですが、現在では麻酔を使用して検査を行ってくれる病院もあります。

痛みや出血などが気になる方は、相談をすることで対応してくれる場合がありますので、まずは医師とよく相談しましょう。

子宮体がん(癌)は早期に発見、治療することが出来ればそれほど恐れる病気ではありません。

ですので、子宮体がん(癌)の症状が見られたら、すぐに検査することが重要です。

子宮体がん(癌)の 画像検査

自分が子宮体がん(癌)にかかっているかどうかを調べる検査の場合は、子宮内膜の細胞を検査する細胞診が一般的です。

しかし、細胞診以外にもいくつかの検査方法があります。

実際にがんの画像を見て検査する検査を画像検査と言い、特に細胞診でがんと診断された場合にがんの進行状態や周辺臓器へ転移していないかが調べられます。

この画像検査にはいくつかの種類があり、状態や設備によって受ける者が異なります。

・超音波検査

体に超音波を当て、反射する音波を捉えてがんの進行状態を見る検査。患者さんにかかる負担も少なく、細胞診が難しい患者さんに対しても有効な検査です。

・CT検査

体内を様々な角度から連続的に撮影して行う検査。鮮明な画像を得られる検査なのでがんの進行状態などを詳しく調べることの出来る検査です。

・MRI検査

磁場を使用して体内を様々な角度から撮影する検査。

CT検査と比べて患者さんに対する負担も少なく、見つけにくいがんを見つけることが出来る検査ですので治療には重要な検査です。

これら画像検査の他にも膣や肛門に指を入れて調べる直腸診や、血液を採取して検査する血液検査などがあります。

検査は子宮体がん(癌)を治療するに置いて非常に重要ですので、医師とよくコミュニケーションをとり、行っていくことが重要です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク