子宮体がん(癌) ホルモン療法

子宮体がん(癌)のホルモン療法

子宮体がん(癌)のホルモン療法は妊娠、出産を考えている方に推奨する治療法です。

子宮体がん(癌)の治療法で一般的なのは、子宮を摘出する手術です。

しかし、子宮を摘出するため妊娠や出産は不可能となります。しかし、ホルモン療法という治療法の場合は、子宮を摘出せずに治療を行えるために、治療後でも妊娠や出産が出来る可能性があります。

子宮体がん(癌)には病気の進行度合いでステージが分けられます。

そのステージによってどのような治療法を行うのか計画されるのですが、このホルモン療法によって治療を行うことが出来るのは病気が進行していない、Ⅰ期などの、ごく早期に限られます。

それ以上に病気が進行してしまうと子宮摘出の手術、摘出しない治療でも、ダメージのある放射能療法や抗がん剤を使用した化学療法になります。

これらの治療の場合では免疫力が低下するため、生活を規則正しくする、体をいつも清潔に保つなどをして、免疫力を保つことが必要です。

子宮体がん(癌) ホルモン療法の方法

子宮体がん(癌)のホルモン療法はこの病気の一般的な治療法である、子宮を摘出する手術とは異なり、子宮を摘出せずに行う治療法です。

そのため、妊娠や出産も出来る可能性がある治療法でもあります。子宮体がん(癌)のホルモン療法は、その名前の通り黄体ホルモンという薬を飲んで行ないます。

この薬には子宮体がん(癌)の増殖、他の部位への転移を抑える働きがあります。このホルモン療法には、子宮内膜前面掻爬(そうは)という手術が必要になります。

子宮内膜前面掻爬とは、子宮の内膜をすべて掻きだす手術です。

この手術を行う際は通常、全身麻酔をして行い、1日から2日の入院が必要となります。

子宮体がん(癌)のホルモン療法による治療法は子宮体がん(癌)が進行していない状態でないと効果が見られない治療法です。

現在この病気の治療法の中で、もっとも患者への負担が軽い治療法ですので、信頼できる医師とよく相談するようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク