子宮体癌 治療費

子宮体癌の治療費

子宮体癌の治療費はどの程度かかるのでしょうか。

欧米の女性に多いというイメージのあった子宮体癌ですが、最近では日本人の女性にも、かかる人の数が増えてきました。

子宮の内膜にできる癌であるこの病気は、進行してしまうと子宮を摘出しなくてはならなくなる恐ろしい病気です。部位が部位だけに手術は簡単なものではなく、治療費も安くはありません。

また、子宮頸がんの場合ですと、病気がまだあまり進行していない場合だと子宮の一部を切り取る手術が化膿で、入院する必要がありませんが、子宮体癌の外科療法の場合は、基本的に子宮を摘出する手術になります。

そのため、手術にかかる費用だけではなく入院に必要な部屋代、食事代などの費用と検査費、処置費などが必要となります。

これら必要な治療費は発見されたステージなどによって異なります。

しかし、結構な費用がかかることと考えて用意しておいたほうがいいでしょう。

子宮体癌 治療費を減らすには

子宮体癌は外科療法による治療が主です。病気が進行している場合、子宮の全摘出手術を行う場合もあります。

その場合ですと、安くはない治療費が必要です。必要な入院費などの費用なども合わせると、悪い場合100万円程度の治療費が必要な場合もあります。

しかし、現在では『高額療養費限度額認定』というものがあり、この制度を利用することによって治療費を安くすることが出来ます。

この制度は、70歳未満の方が入院し、一定以上の治療費が必要となる場合に「健康保険限度額適用認定証」を医療機関等に提出することによって、治療費を一部負担してくれるという制度です。

この制度を利用することで、治療費の一部だけを支払うだけでいいことになります。

この制度では所得によって負担してくれる費用も異なります。

詳しい情報は、ヤフーやグーグルなどの検索サイトで「高額療養費限度額認定」と検索すれば調べることが可能です。

安くない治療費が必要となる子宮体癌治療ですが、これらの制度を利用して無理のない治療を行ないましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク