膵臓がん 抗がん剤

膵臓がんに使われる抗がん剤とは

膵臓がんを最も確実に治療する方法とは外科治療、いわゆる手術です。

しかし、膵臓がんは悪性度が高くて進行が早いため、手術が可能な患者さんは限られていると言います。

もし、膵臓がんの手術が無理と判断された場合はそれ以外の治療法を選択する事になります。具体的には抗がん剤を使用した化学療法や放射線療法、あるいはその2種類の治療法を併用する治療法などの治療法で膵臓がんを治療してゆくわけです。

膵臓がんの治療でよく使用される抗がん剤は「ジェムザール」という抗がん剤です。

「ジェムザール」はDNA合成阻害薬の一種です。1996年にアメリカで膵臓がんを治療するための抗がん剤として承認を受けてから世界中で膵臓がんを治療する際の第一選択薬になりました。それは進行膵臓がんに有効な抗がん剤が少ないためでもあります。

日本では1999年に承認された抗がん剤で、当時は非小細胞肺がんのみ使用されていましたが、2001年に膵臓がんにも使用が認められました。

ちなみに日本で古くから使用されて来た抗がん剤に「5‐FU(ファイブエフユー)」がありますが、「ジェムザール」は「5‐FU」に近いメカニズムによってがん細胞を縮小させるとの事です。

しかし「ジェムザール」は「5‐FU」に比べてDNAの合成を阻害する効果が格段にアップしていて、「5‐FU」では効果が期待出来なかった進行膵臓がんでも効果が期待出来ると言います。

このように言うと「5‐FU」が抗がん剤として「ジェムザール」よりも劣っているかのような錯覚を覚えますが、そうではありません。「5‐FU」は現在でも胃がん・大腸がん・肝臓がんなど消化器がんなどに使用する抗がん剤として最も重要なものの一つです。

特に大腸がんの化学療法においてはこの「5‐FU」と他の抗がん剤を使った治療が標準的な治療になっています。つまり、何事にも向き・不向きがあり、抗がん剤もその例外ではないという事です。

「ジェムザール」は注射によって投与されます。

その方法は、1週間に一度の投与を3回続けて行い1回休むという投与のやり方を繰り返す事になります。

抗がん剤も薬の一種になりますので、一般の薬同様、副作用があります。それは膵臓がんの抗がん剤として開発された「ジェムザール」も例外ではありません。

「ジェムザール」は前述の「5‐FU」と比較すると副作用が少ないとされていますが、やはり副作用が現われる事があります。

抗がん剤の副作用として知られる、白血球が減少する事によって感染症にかかりやすくなったり、血小板の減少により出血しやすくなるなどの副作用は「ジェムザール」にも見られます。しかし、こちらも抗がん剤の副作用としてよく知られる、激しい嘔吐や毛髪が抜けるなどの副作用は「ジェムザール」にはあまり見られないとの事です。

また、「ジェムザール」の副作用として疲れやすくなったり肝機能が少し低下するためその数値が悪くなったりする事もあると言います。

蛇足ながら「ジェムザール」は開発されてからまだ日が浅い事もあって、まだ知られていない副作用が出る可能性は皆無とは言い切れないところがあります。そのため、身体の具合が悪くなった時には必ず医師に相談しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク