食道がん 転移

食道がんの転移

食道がんは昔は「予後不良のがんの一つ」と言われていましたが、その検査の技術とともにその治療の技術も上がって来ています。そのため、「食道がんはリンパ節に転移しなければ80%以上は完治する」とさえ言われるようになりました。

しかし、それを逆に言えば「がんが原巣である食道からリンパ節に転移すればやっかいだ」という事になります。

食道がんに限りませんが、がんが原発の臓器からの転移の有無によって生存率が違って来ます。

ですから、食道がんに限らずどの病気にも言える事ですが、早期に発見して早期に治療を開始する事が完治への第一歩と言えるでしょう。

食道がんに限って言えば、がんが転移していない、がんが元々発生した粘膜にとどまっている間に治療するのがベストだと言えます。

しかし、食道がんは悪性度が高く、早期の段階で転移してしまうと言います。

食道の近くには気管や気管支、そして肺と言った呼吸に関する器官や心臓などの循環器に関する器官があります。そして、食道自身やその壁自体にも血管やリンパ管がたくさんあります。それだけにがんが転移するとやっかいだとも言えます。

その食道がどのような構造で出来ているのかと言えば、食道の内側から粘膜、粘膜下層、固有筋層、外膜という4層構造で出来ています。そして、がんは一番内側の粘膜から発生します。

食道の粘膜は胃や大腸とは違ってしょう膜と呼ばれる筋層を覆う丈夫な膜がありません。そのため、がんが粘膜の下層に達して食道の周囲にある血管やリンパ管に入り込み、リンパや血液の流れに乗ってがんが転移する事が多いのです。

がんが血液の流れに乗ってたどり着いた先で根付いて新たに増殖するという転移の方法を「血行転移」と言います。

前述のとおり、食道とは血管が多く存在し、しょう膜と呼ばれる丈夫な膜がないために、がんが粘膜を破って食道の壁を出て食道あるいはその壁にある血管へと入り込んで、血液の流れに乗ってがんが転移してゆく経緯は前にお話したとおりです。

血液に乗ってがん細胞が行きつく先は肝臓や骨、肺などです。脳にまでがん細胞が達する事もあると言いますから、血行転移とは恐ろしいものです。

そして、がん細胞がリンパ管に入り込んでその流れに乗ってたどり着いた先で増殖を始めるのが「リンパ節転移」です。

前に「食道がんはリンパ節に転移しなければ80%以上は完治する」と言われているというお話はしましたが、そう言われるほど食道がんはリンパ節転移を起こしやすいという事でもあります。

食道がんも膵臓がんと同じく「腹膜播種」と呼ばれる、さながら腹膜という腹部にある半透明の薄い膜の中にまかれたがんの種がまかれた先でそれらが大きく成長してゆくように、がんが腹膜の中にある臓器へと転移してしまうという、やっかいながん転移をする事があります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク