食道がん 検査方法

「食道がんの検査方法とは」

食道がんの検査とはX線(レントゲン)による食道造影検査と内視鏡検査が一般的です。

X線による食道造影検査とは、造影剤つまりバリウムを飲んで、それがどのようにして食道を通ってゆくのかを観察し、X線写真を撮って診断するという方法です。

この検査によって食道に出来たがんの大きさや出来た具体的な場所、そしてがんによってどこまで食道内腔が狭くなっているかを知る事が出来ます。

検査を受ける事による痛みがありませんので、X線による食道造影検査は現在でも一般的に食道がんの検査方法として使われています。

そして、X線による食道造影検査と並んで食道がんの検査方法として一般的な内視鏡検査とはどのような検査なのかと言えば、CCD(固体撮影素子)を管の先端につけた内視鏡(ビデオスコープ)を口から食道へと送りこんで、直接食道の粘膜面の状態を観察する検査方法です。

内視鏡検査のメリットは何と言っても直接食道の粘膜面を見る事が出来る事にあります。

そのため、どれくらいの大きさのがんがどこにどれだけ出来ているかを知る事が出来るだけではなく、がんの状態を直接診る事が出来ますので、がんの状態からがんの深さなどのおよその見当をつける事が出来ます。

そして、内視鏡検査では組織を採取して、それを直接顕微鏡で検査する事が出来るというメリットもあります。

それ以外にも内視鏡検査ではルゴール(ヨウ素液)を食道の粘膜に塗って色素散布法と呼ばれる検査をする事があります。正常な食道の粘膜ではルゴールによって黒っぽく染まりますががんなど食道の粘膜に異常があればルゴールに染まらず白っぽいまま残ります。これによってわずかな異変でも発見する事が可能になりました。

X線による食道造影検査と内視鏡検査以外にもがんの有無を調べる検査があります。それがPET検査という検査方法です。

PET検査とは陽電子放射断層撮影検査とも呼ばれ、がん細胞が正常な細胞よりも多くのエネルギー(ブドウ糖)を取り込むという特性を利用した検査方法で、放射性ブドウ糖つまり検査用のブドウ糖を体内に注射して、それがどれだけ取り込まれているのかを調べる事によってがんの有無を診るという方法で検査をします。

このPET検査は食道がんだけではなくて、全身のがんの検査法としても有効です。

今までご紹介した検査方法がどちらかと言えば食道がんの発見のために使われるのに対して、がんがどこまで浸潤しているのか、がんの状態を知るための検査方法もあります。それがCT検査・MRI検査や超音波内視鏡検査・超音波検査です。

CT検査とはコンピューター断層撮影法とも呼ばれ、X線を利用して人体の断面画像を診るという検査方法です。

MRI検査とはX線ではなくて強力な磁力と電波を使うところが違いますが、人体の断面図を診る事で検査をするという点においては同じです。

これらの検査方法によってがんの原発巣である食道とその周囲の臓器を断面図として診る事が出来ますので、がんの転移の有無やどこまでがんが転移しているのかなどを知る事が出来ます。よって、進行した食道がんの診断にはかかせない検査方法だと言えるでしょう。

超音波内視鏡検査とは超音波を出す装置を先端につけた内視鏡によって検査をするというもので、内視鏡検査が食道の表面を診るものであるのに対して、超音波内視鏡検査は食道の粘膜の舌や食道の壁自体を診る事が出来ますので、食道がんがどこまで浸潤しているのか、食道だけではなくてその周囲の臓器へのがんの浸潤まで検査する事が出来ます。

超音波検査とは超音波の反響を映像化する事によって検査をするというものです。痛みもなく無害ですから検診だけではなく、妊娠中の女性の胎内にいる赤ちゃんを見るためにも使われます。

食道がんの場合はこの超音波検査によって頸部と腹部を調べます。

頸部は頸部のリンパ節へのがん転移の有無を調べるため、腹部は肝臓や腹部のリンパ節へのがん転移の有無を調べるために超音波検査をします。

それ以外にも腫瘍マーカー(血液検査)という検査方法もありますが、がん以外の要因でも数値が上がってしまう事もあるため、がんの発見のために使われるのではなくてがんの進行具合を知るために使われているのが現状です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク